F1 4K
スカパーJSATは、2019年のF1世界選手権を4Kで生中継。料金体系とともに、4月からPPV購入も開始することを発表した。

2019年シーズンもF1グランプリ全21戦全セッションを「フジテレビNEXT ライブ・プレミアム」で生中継。さらに、同番組をスカパー!の4Kチャンネル「スカチャン 24K」で全21戦のフリー走行~決勝の全セッションを完全生中継する。

「F1グランプリ【4K】」の料金は月額1,400円で決勝含めて視聴できる。また、4月からは決勝のみ1,000円のPPV購入も販売開始する。

4K放送とは、フルハイビジョン放送の4倍の解像度となる高画質放送。音声もステレオだけでなく、5.1chサラウンドに対応する。視聴するには4K8Kに対応したアンテナと新4K対応テレビ、もしくは新4Kチューナーと4Kテレビが必要となる。

2019年シーズンは、昨年に引き続きF1史上最多タイの全21戦が開催される。鈴鹿サーキットでのF1日本GPは、2021年までの開催が発表され、来季以降も鈴鹿サーキットでの戦いに注目が集まる。また、2019年からホンダはレッドブル・レーシングにパワーユニットを供給し「レッドブル・ホンダ」として参戦するなど、日本のF1ファンには心躍るシーズンになること間違いない。

2019年のF1世界選手権は、3月15日にメルボルンのアルバート・パーク・サーキットを舞台としたF1オーストラリアGPで開幕する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: テレビ放送