F1レースディレクター、路面を再舗装したF1トルコGPの主催者を擁護
F1レースディレクターのマイケル・マシは、不満が集中したイスタンブール・パークの新しいアスファルト路面のコンディションに関して、F1トルコGPの主催者を擁護した。

9年ぶりに開催されたF1トルコGPだったが、ドライバーは週末を通して再舗装された不満を漏らし続けた。多くのドライバーがこれまでで経験したなかで最もグリップの低い路面でのレースだったとその仕事を批判した。

ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルは「今週末はF1に期待するレベルではなかった」と語った。

「ショーは素晴らしかったし、ソファで見ていたら楽しかっただろう。でも、実際には宝くじだった」

「カオス、修羅場、そして、馬鹿のように見えるドライバーを見たいのなら、それを見えるスポーツは他にあると思う」

「F1の本質は、最高のマシン、最高のドライバー、そして、最高のトラックでの最高のチーム間の競争だ。今週末僕たちはそれを目にしたとは思わない」

F1の公式タイヤサプライヤーであるピレリでされ、レースのわずか2週間前に行われたイスタンブール・パークの11時間の再舗装に驚いたと語っている。

だが、F1レースディレクターのマイケル・マシはプロモーターを擁護した。

「FIA(国際自動車連盟)によって最後に認定されたのは2017年だったので、ここではかなり多くの変更を加える必要があった」とマイケル・マシはコメント。

「このグランプリに向けてコースを準備するには膨大な作業が必要だったが、それはトルコ政府とサーキットのオーナーのサポートがなければ不可能だった」

「準備が非常に短い時間で行われたことを受け入れなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1トルコGP / FIA