トヨタ、FIA主催のオークションに2009年F1マシン『TF109』を出品
FIA(国際自動車連盟)は、新型コロナウイルスのためのオンラインチャリティオークションを開催。目玉アイテムとしてトヨタの2019年F1マシン『TF109』が出品される。

#RaceAgainstCovid オークションは、RMサザビーズが主催し、国際赤十字および赤新月社の国際連合の支援により開催される、FIAはすでに同組織に100万ユーロを寄付している。

オークションにはF1チームとドライバーが出品。トヨタは、2009年初めにヤルノ・トゥルーリとティモ・グロックによってテストされたシャーシTF109-01を寄付。トヨタ TF109は5つの表彰台とポールポジションを獲得し、コンストラクターズ選手権5位を獲得した。

だが、その年をもってトヨタはF1から撤退。2010年のプロトタイプは完成していたが、レースで走ることはなかった。

その後、TF109-01はピレリタイヤテストカーになり、ニック・ハイドフェルド、ペドロ・デ・ラ・ロサ、ルーカス・ディ・グラッシ、ロマン・グロージャンによって運転された。マシンは、ピレリの黒いカラーリングのままでエンジンとギアボックスを完備している。

その他の目玉アイテムには、デイモン・ヒルから寄贈された1995年のF1オーストラリアGPで優勝した際のヘルメットとオーバーオール、および複数のル・マン優勝者であるトム・クリステンセンが、2014年にインテルラゴスでアウディで最後のWECレースで使用したオーバーオールなどがある。

フェラーリF1は、セバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールがレースで優勝した2019年オーバーオール、マラネロのシミュレーターで1日を過ごす機会を提供する。メルセデスはルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスのスーツやその他のアイテムを提供した。今後さらに多くのものが発表される

「健康危機が始まって以来、FIAとモータースポーツコミュニティ全体は、#RaceAgainstCovidなどの多くのイニシアチブを通じてパンデミックとの闘いに取り組んできた」とFIA会長のジャントッドは述べた。

「今日、我々が強さと団結を示す機会がある。国際赤十字国際連盟と赤新月社のCOVID-19パンデミックに対する世界的な対応のために、FIAとRMサザビーズの協力に心から歓迎する」

「すべてのドライバーとチームの貢献、FIA基金からの多大な寄付に感謝している。このオークションを成功させるために、モータースポーツファミリーの一人ひとりに参加するようお願いする」

オークションは6月15日にrmsothebys.comで始まり、6月22日に終了する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / トヨタ / FIA