トヨタの2019年11月のF1情報を一覧表示します。

WRC | トヨタ、セバスチャン・オジェの起用を発表…ラインナップを一新

2019年11月27日
WRC
トヨタは、2020年のFIA世界ラリー選手権(WRC)に参戦する、ドライバーおよびコ・ドライバーのラインナップを決定。新たにセバスチャン・オジエ、エルフィン・エバンス、カッレ・ロバンペラの3選手をドライバーとして迎え、3台のヤリスWRCで参戦する。

35歳のオジエ(フランス)と、コ・ドライバーのジュリアン・イングラシア(フランス)は、2013年から2018年にかけて6年連続で世界王者に輝いた、WRCを代表するトップアスリート。

トヨタ、山下健太をバーレーンでのWECルーキーテストに起用

2019年11月15日
トヨタ、山下健太をバーレーンでのWECルーキーテストに起用
TOYOTA GAZOO Racingは12月15日にバーレーン・インターナショナル・サーキットで行われるFIA世界耐久選手権(WEC)ルーキーテストに、トーマス・ローランと山下健太を参加させる。

今季、TOYOTA GAZOO Racingのテスト兼リザーブドライバーを務めている21歳のローランは、WECの主催で行われるルーキーテストに参加し、さらに経験を積んでく。ローランは2017年のWECルーキーテストで初めてTS050 HYBRIDをドライブし、その後はLMP2クラスで上位を争っている。

トヨタ 豊田章男社長 「WRCの全タイトル獲得は一年後に日本で叶えたい」

2019年11月14日
トヨタ 豊田章男社長 「WRCの全タイトル獲得は一年後に日本で叶えたい」
トヨタ自動車の豊田章男社長が、今季のWRC(世界ラリー選手権)でのTOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamの活躍を振り返るとともに、ラリー・ジャパンが開催される来季への意気込みを語った。

今年、トヨタはドライバー/コ・ドライバータイトルを獲得し、最終戦ラリー・オーストラリアで18ポイント差となっているメーカータイトルに挑むはずだった。

フェルナンド・アロンソ、ラリーレイドで初の表彰台を獲得

2019年11月11日
フェルナンド・アロンソ、ラリーレイドで初の表彰台を獲得
11月5日(火)から9日(土)にかけてサウジアラビアで開催された2019年アル・ウラ・ネオム・クロスカントリーラリーにて、フェルナンド・アロンソがTOYOTA GAZOO Racingのトヨタ・ハイラックスで着実な走りを見せ、ラリーレイドで自身初となる表彰台を獲得した。アロンソとナビゲーターのマルク・コマのコンビは、2か月ほど前にダカールラリー2020参戦へ向けた準備を開始し、3度目のラリーレイド挑戦で表彰台獲得となった。

WEC | トヨタ 第3戦 上海4時間レース 決勝レポート

2019年11月11日
WEC
11月10日(日)、2019-2020年FIA世界耐久選手権(WEC)の第3戦となる上海4時間レースが行われ、TOYOTA GAZOO Racingの2台のTS050 HYBRIDは2位、3位フィニッシュ。ダブルで表彰台を獲得した。

同一ポイントでシーズンをリードする2台のTS050 HYBRIDは、最大のサクセス・ハンディキャップを課されて、ノン・ハイブリッドLMP1クラス車両のライバル勢に挑戦することになったが、我慢のレース展開と迅速なピット作業でタイムを稼ぎ、予選グリッドよりも上位でフィニッシュした。

WEC | トヨタ 2019-2020 第3戦 上海4時間レース 公式予選レポート

2019年11月10日
WEC
WEC史上に残る最長の連続ポールポジション記録は10でストップ。
11月9日(土)、2019-2020年FIA世界耐久選手権(WEC)の第3戦となる上海4時間レースの予選が行われ、TOYOTA GAZOO Racingの2台のTS050 HYBRIDは、4番手、5番手グリッドから決勝レースに挑むことになった。

WEC | トヨタ 2019-2020 第3戦 上海4時間レース 公式練習初日レポート

2019年11月9日
WEC
2019-2020年FIA世界耐久選手権(WEC)の第3戦となる上海4時間レースが中国・上海の上海国際サーキットで開幕。初日となる11月8日(金)は2度にわたる1時間半の練習走行が行われ、新たな戦いに挑むTOYOTA GAZOO Racingは、2台のTS050 HYBRIDが2番手、4番手につけた。

WEC | トヨタ 2019-2020 第3戦 上海4時間 プレビュー

2019年11月8日
WEC
TOYOTA GAZOO Racingは11月8日(金)から10日(日)にかけて中国の上海インターナショナル・サーキットで行われる、2019-2020年シーズンFIA世界耐久選手権(WEC)第3戦、上海4時間レースに、かつてない激戦の覚悟を持って臨む。

昨シーズンのチャンピオンであり、2018年、2019年のル・マンウィナーであるTOYOTA GAZOO Racing の2台のTS050 HYBRIDは、開幕戦のシルバーストーン4時間、そして先月の第2戦富士6時間レース共に1-2フィニッシュを果たした結果、来る第3戦上海では、1周あたり2.74秒という、これまで以上のハンディキャップで挑むこととなる。

トヨタ 豊田章男 社長:LEXUSでのSUPER GT最終戦を終えてコメント

2019年11月7日
トヨタ 豊田章男 社長:LEXUSでのSUPER GT最終戦を終えてコメント
トヨタ自動車の豊田章男社長が、SUPER GTでのレクサスでの最終戦を終えてのコメントを発表した。

2006年からトヨタはレクサスでSUPER GTへの参戦を続けてきたが、今シーズン限りで一旦終了し、来季からはトヨタ GRスープラでの参戦を開始する。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム