トロロッソ、アルファ・タウリへのチーム名変更が承認
トロロッソは、2020年からチーム名を『アルファ・タウリ(Alpha Tauri)』に変更するための申請を承認された。

レッドブルのジュニアチームであるトロロッソは、2006年に同社がミナルディを買収して誕生。若手ドライバーを育成する場として活用されている。

先月、レッドブルがトロソッソノチーム名の変更を望んでいることが明らかなった。

報道によると、F1ロシアGPの1週間後にF1委員会によって電子投票が行われ、チーム名の変更が承認されたという。

このまま何も起こらなければ、チームは『スクーデリア・トロ・ロッソ(Scuderia Toro Rosso)』から『スクーデリア・アルファ・タウリ(Scuderia Alpha Tauri)』に生まれ変わる。アルファ・タウリは、レッドブルが2016年から展開するファッションブランドの名称。おうし座の星にちなんで命名された。

チームは、タイトルスポンサーを表示するために公式エントリーネームを調整することはあるが、オーナーが変更にならずにチーム名を完全に変更することはあまり一般的ではない。

だが、ザウバーは、2019年にアルファロメオ・レーシングにチーム名を変更している。チームはまだスイスにあるザウバー・モータースポーツが運営している。

今年は、フォース・インディアがレーシング・ポイントへと名前を変更しているが、別のケースとなる。チームはまだシルバーストーンを拠点としたチームのままであるが、ローレンス・ストロール率いるコンソーシアムがチームを買収。

2018年に強制的にインドがレーシングポイントに変わることは、公式には別のエントリーであるため、別のケースです。マシンを含めた多くの要素は以前と同じだが、“新しい”チームとしてF1に参戦しなければならなかった。

イタリア語でレッドブルを意味するトロロッソは、15シーズンにわたってF1を戦っているが、トロロッソ自身も参戦前にチーム名を微調整している。当初、ファエンツァのチームは『スクアドラ・トロ・ロッソ(Squadra Toro Rosso)』と呼ばれていた。

アルファ・タウリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / トロロッソ