F1 レッドブル・ホンダ
スクーデリア・トロ・ロッソのチーム代表を務めるフランツ・トストは、ホンダのF1エンジンは大幅に改善されており、2019年のF1世界選手権でレッドブル・レーシングはホンダとともに勝利を収められると確信していると語る。

昨年、トロロッソがホンダにF1エンジンを変更してからフランツ・トストはホンダを大いにい称賛してきた。そして、彼の見解はレッドブル・レーシングが2019年にルノーからホンダにF1エンジンを変更することを納得させることに貢献した。

フランツ・トストは、ホンダの2019年型F1エンジンに“非常に満足”していると語り、レッドブル・レーシングの提携は素晴らしい成果を生むと予測している。

「ホンダは彼らに課したすべての期待をもたらしてくた」とフランツ・トストはコメント。
「そして、彼らはトップチームとのガップを縮め、レッドブル・レーシングはホンダとレースに勝てるとかなり確信している」

「それにもこの協力には我々にも大きな利点をもたらすだろう」

トロロッソの2018年のホンダへの転向は、マクラーレンとルノーを含めたエンジンスワップによって比較的遅くに決定した。

それは必然的に昨年のトロロッソ・ホンダのマシンデザインに妥協をもたらしたが、フランツ・トストは、今季型マシン『STR14』ははるかに良くなっていると語る。

「クルマを見れば、パワーユニットがいかに統合されているかがわかるうだろう。それは大きな前進だ」とフランツ・トストはコメント。

「より多くの時間をかけることができたのはエンジニアリング面において大きな一方だった。それにホンダ、レッドブル・テクノロジーとも本当に良い関係が築かれていた。その点で我々はかなりうまく組織化されている」

2018年、トロロッソ・ホンダは戦略的な理由でコンポーネントの交換を実施し、定期的にグリッドペナルティを受けることでホンダのF1パワーユニットをコース上でテストして開発を進めることができた。

フランツ・トストは、今年はそのような戦略は少なくなると確信していると語る。

「2018年に経験しなければならない開発プロセスがあることは初めからわかっていた。我々はそれを経由しなければならなかった。それが我々が行ったことだ」とフランツ・トストは語る。

「その間にホンダはパフォーマンス面だけでなく、信頼性面でも非常に高いレベルに到達した。今年は多くの追加のエンジン交換をすることになるとは思っていない」

総合的に考えて、1年前よりもホンダにより多くの自身を持っているかと質問されたフランツ・トストは「今、我々は2019年にいる。昨年の両社のハードワークが成果を挙げるのを見たいと思っている」とコメント。

「したがって、ホンダにとってだけでなく、トロロッソにとっても成功したシーズンになると期待している」

2019年の初めての本格テストとなったF1バルセロナテストの初日、レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは128周を走行し4番手タイム、トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは77周を消化し、6番手のポジションで初日を終えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: トロロッソ | レッドブル | ホンダF1