F1 ホンダF1 トロロッソ
スクーデリア・トロ・ロッソのチーム代表フランツ・トストは、レッドブル・レーシングがホンダのF1エンジンを使用することを助けるために2019年のF1世界選手権でもエンジンペナルティを受けれることを厭わないと語る。

昨年、トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーとブレンドン・ハートレーは、ホンダのF1開発スケジュールを早めるために“戦略的”なエンジンペナルティを受けることが多かった。

今年、レッドブル・レーシングがホンダのF1エンジンに切り替えるが、ホンダはまだタイトルに挑戦できるだけのパフォーマンスを信頼性をコース上で証明できていないため、姉妹チームであるトロロッソはレッドブル・レーシングのためにより多くの犠牲を払うことになる可能性がある。

フランツ・トストは、ホンダのF1開発が加速し、レッドブル・レーシングのドライバーがあまりにも多くのペナルティを受けることから保護できるのであれば、引き続き、トロロッソが実験台の役割を果たすことを厭わないと語る。

「それがレッドブルがレースとチャンピオンシップに勝つための戦略の助けになるのであれば、もちろんだ」とフランツ・トストは Autosport にコメント。

「我々はそれについて議論する必要すらない。それは我々の哲学の範囲内だからね」

「我々も並行してパフォーマンスを改善できるのだから、喜んでそうするつもりだ」

トロロッソ・ホンダは、2019年にF1の掲載/非掲載パーツのルールを利用して、レッドブル・レーシングのリアエンド全体やギアボックスといったコンポーネントを使用することになる。

ホンダは、レッドブル/トロロッソとのパートナーシップは、異なるリアエンドや構造を負った2つのカスタマーを抱えるよりも“大きなアドバンテージ”になると考えており、フランツ・トストもそれが実を結ぶことになるだろうと同意する。

「我々がレッドブル・テクノロジーとの相乗効果と協力から利益を得るのは疑いのないことだ」とフランツ・トストは語る。

「リアエンド全体だ。ルール内に掲載されているパーツは全て開発しなければならないし、当然ながら、我々はルールを守るためにそれを行っていく」

「シーズンのこの段階では全てのチームが新車がより優れて機能し、改善されることを願っている」

「それは我々にとっても同じだが、私は常にレーストラックでそのパフォーマンスを見たいと言っている。つまり、ラップタイムだ。それが決定的なことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: トロロッソ | レッドブル | ホンダF1