F1 トロロッソ バージボード
トロロッソのチーム代表フランツ・トストは、F1マシンのルックスを良くするために将来的にいバージボードを完全に禁止にするべきだと語る。

F1の新オーナーであるリバティメディアは、2021年にレギュレーションの大幅な変更を予定しており、F1マシンは大きく様変わりすることが計画されている。F1シンガポールGPの週末には2021年のF1マシンのコンセプトデザインが公開された。

2017年にF1マシンの高速化を目指したレギュレーション変更によってサイドポット前の領域の開発が進み、現在のF1マシンは、非常に複雑なバージボードを特徴としている。

フランツ・トウトは、F1が本気でF1マシンの見た目を改善したいと考えているのであれば、バージボードの面積を制限することが不可欠だと断言した。

「ロス・ブラウン、パット・シモンズ、空力面のスペシャリストたちは、これらの追加の空力デバイスをすべて取り除くために何をするべきかは把握している。そうすればクリーンなクルマになる」」とフランツ・トストは Autosport にコメント。

「例えば、私がレギュレーションを書くのであれば、バージボードのようなものや追加のウイングのすべてを取り除くことは本当に簡単なことだ」

「それらのすべてはクルマをコンマ数秒速くしているかもしれないが、クルマの写真は全然クリーンではないし、整っていない。私なら単純にレギュレーション側でそれらすべてを禁止するだろう。それを行うことは可能だ。彼らはそうすべきだ」

フランツ・トストは、2021年F1マシンのコンセプトデザインは、ボディワークが整理され、スタイリングがよりアグレッシブになっているので気に入っていると付け加えた。

「彼らがこの方向を勧めてくれることを願っている。将来的にクルマはアグレッシブに見えるはずだし、もう少し小さくなり、空力面も整理させるだろう」

「今のところはクルマは本当に格好よく見えるが、私にとっては少し大きすぎる。もう少し小さくするべきだ」

「1970年代を思い出せば、例えばロータスのクルマを初めて見たときは衝撃を受けた。そして、ヨッヘン・リントがそのクルマが買った。特別なものだった。最初からこのクルマが特別なものであることがわかった」

「当時位の他のクルマと比較しても本当に大きな違いがあった。新世代のFf1カーがその方向に向かうことを願っているよ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: トロロッソ | F1マシン