F1 2018年のF1世界選手権
トロロッソは、2018年シーズンにホンダと戦略的なエンジン交換のペナルティについて話し合うことは避けられないと考えている。

2018年はF1カレンダーが21戦に拡大されるにも関わらず、ドライバーが年間に使用できるF1エンジン、ターボチャージャー、MGU-Hは3基までとなり、MGU-K、コントロールエレクトロニクス、エネルギーストアは年間2基に削減される。

そのため、1基のエンジンで7戦を走り切る必要があり、各エンジンメーカーは、アップグレード導入のタイミングを含めて2018年にエンジンライフを管理するが課題となる。

トロロッソのチーム代表フランス・トストは、エンジンが寿命に達するまでのパワーの低下よりも、ペナルティを受けてフレッシュなパワーユニットを投入した方がメリットがあるかもしれないと考えており、より多くの馬力を得るためにグリッド降格ペナルティを受けることについてホンダと話し合うことを考えていると語る。

「3000~4000kmのエンジンを使用する変わりに、新しいパワーユニットを投入して後方からスタートした方が良いかどうかを見極めなければならない時期が来るだろう」とフランス・トストは Autosport にコメント。

「見極めていくことになると思う。だが、今言えるのは、そのような議論をしていくことになるということだけだ。いつかはわからないが、そうせざるを得ないだろう」

フランツ・トストは、F1が3基のエンジン制限に固執していることは“クレイジー”だと考えている。レッドブルは、ルール変更を試みたが反対されている。

「昨年、マニュファクチャラーは4基のエンジンでより少ないレースを戦っていた。今年はより多くのレースを少ないエンジンで戦う。このレギュレーションは完全にクレイザーだと言わなければならない」とフランツ・トストはコメント。

「だが、フェラーリはルールの変更に反対した。他が4基で行くことを望んだからだ。フェラーリは3基にアドバンテージがあると考えた」

「レギュレーションで定められているので、我々はなんとかそれでやっていかなければならない。我々はそれを受け入れなければならない。最終的に何基のパワーユニットが必要になるかはわからない」

親チームのレッドブルも、戦略的なエンジン交換の可能性を検討していることを認め問ている。

レッドブルにF1パワーユニットを供給するルノーのシリル・アブテブールは「現在のエンジンパフォーマンス、自分自身についてもう少し知り、ベースラインを確立させたい」とコメント。

「4基のユニット、もしくは4基のV6エンジンを使用した方が全員にとって良いのであれば、我々はそのような決断を下すかもしれない。だが、それについて話をするのはまだ時期尚早だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: トロロッソ | ホンダF1