エイドリアン・スーティル
エイドリアン・スーティルは、フォース・インディアと新しい契約を締結間近であることを明らかにした。

2007年に前身のスパイカーからF1デビューを果たしたスーティルだが、2011年のフォース・インディア残留を先延ばしにしており、ルノーやウィリアムズへの移籍が噂されていた。

しかし、ウィリアムズもルノーもまだ2011年のシートが空席になることを正式には認めていないおらず、スーティルはフォース・インディアとの新しい契約を完了することに集中していると述べた。

「フォース・インディアとまとまりそうだ。まだサインはしていないけど、現時点での方向性はフォース・インディアだ」とエイドリアン・スーティルはコメント。

「現時点ではいい感じだよ。すでに何度も言っているけど、もう一年ここにいることに不満はない。今はこれ以上のことは言えない。現時点ではサインしていないけど、フォース・インディアの方向で進めている」

エイドリアン・スーティルは、残留を決めた要因を詳しく述べることは拒否したが、フォース・インディアでキャリアを続けることに満足していると述べた。

「ここは居心地がいい。僕はここで生まれたとも言える。最初のチームだし、まだ満足している」

「確かに、違うチャレンジやチームを変える必要があるかもしれないと思うときもあるけど、僕はまだここに満足しているし、パフォーマンスを改善できると思っている。来年はもっと良い一年にできると思うし、関係とパートナーシップを続けなければならないと思っている」

いつまでに新しい契約をするつもりか質問されたスーティルは「おそらくアブダビのレースが終わってすぐだ。2〜3週間くらいを期待している。でも、F1ではどうなるか決してわからない」

ヴィタントニオ・リウッツィは来年の契約を結んでいるため、フォース・インディアの2011年のラインナップは、理論的に決定したことになる。

しかし、フォース・インディアがヴィタントニオ・リウッツィとの契約を解消し、ポール・ディ・レスタを起用するとの噂も根強く残っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: エイドリアン・スーティル | フォース・インディア