エイドリアン・スーティル
エイドリアン・スーティルが、2014年のF1開幕戦オーストラリアGPへの意気込みを語った。

エイドリアン・スーティル (ザウバー)
「メルボルンは、いつもシーズン開幕戦にとって素晴らしい場所だ。楽しみにしている。都市は美しいし、トラックはいくつサプライズを生む。天候も役割を果たす。ちょっとした雨も降りそうだしね」

「それに加えて、僕たちいはまだ開発のかなり初期段階の新しいクルマがある。全てが新しい。予選で走るのはレースとはとても異なるだろう。クルマはレースよりもパワーがあるだろうからね。ダウンフォースが少なくなって、パワーが多くなったことは。僕たちドライバーにとってチャレンジだ。より高いトップスピードとメルボルンのようなストリートサーキットでの少ないグリップは刺激的だろうね。それに100kgの燃料もピットウォールで神経質な顔を見ることになるだろう。テストの間に燃料管理に関して経験を積むことができたけど、レース距離では全てが完璧にまとめなければならない。誰がトップでレースを終えるかは運次第になるかもしれない。興奮はかなり高まるだろうね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / エイドリアン・スーティル / F1オーストラリアGP / ザウバー