SUPER GT
2019年のSUPER GT 第3戦『SUZUKA GT 300km RACE』の決勝レースが5月26日(日)に鈴鹿サーキットで行われた。

GT500クラスは、No.36 au TOM'S LC500(中嶋一貴/関口雄飛)が、ポールポジションから今季初勝利を決めた。GT300クラスの優勝もLEXUSのマシンで、No.96 K-tunes RC F GT3(新田守男/阪口晴南)が昨年に続き鈴鹿を制して今季2勝目を挙げた。

開幕戦岡山、第2戦富士と雨続きだった今季のSUPER GTだったが、第3戦鈴鹿は前日に続き晴天のもと、最初に三重県警察の白バイとパトロールカー共にGTマシンがパレードラップを行い、そして52周のレースがスタート。300kmに渡りハードな激戦が繰り広げられた。

スタートから逃げたのはポールポジションのNo.36 au TOM'S LC500(中嶋一貴)で、これをNo.37 KeePer TOM'S LC500(平川亮)とNo.6 WAKO'S 4CR LC500(山下健太)が追う展開となる。

レース序盤の17周目にポイントリーダーのNo.23 MOTUL AUTECH GT-R(ロニー・クインタレッリ)が高速コーナーの130Rでコースアウト。大事には至らなかったが、クラッシュした車両の回収のためにセーフティカーが入った。

22周目からレースは再開。そして、レース後半に入ってもNo.36 au TOM'S LC500(関口雄飛)がトップを守り、これをNo.37 KeePer TOM'S LC500(ニック・キャシディ)とNo.6 WAKO'S 4CR LC500(大嶋和也)と、3台のLEXUS LC500による激しいトップ争いが繰り広げられた。

だが、終盤はトップのau TOM'S LC500が後続を振り切って、今季初優勝を決めた。2位、3位もそのままの順でゴールとなり、昨年の第7戦オートポリス以来のLC500による表彰台独占となった。4位はNo.8 ARTA NSX-GT(野尻智紀/伊沢拓也)、NISSAN GT-R NISMO GT500の最上位は8位のNo.24 リアライズコーポレーション ADVAN GT-R(高星明誠/ヤン・マーデンボロー)だった。

GT300クラスでは、ポールポジションのNo.25 HOPPY 86 MC(佐藤公哉)が逃げ、予選2位のNo.96 K-tunes RC F GT3(新田守男)が追う展開となる。所定のピットインでNo.25 HOPPY 86 MC(松井孝允)はタイヤ無交換作戦を採って、No.96 K-tunes RC F GT3(阪口晴南)とのリードを14秒と開いたが、やはりタイヤが厳しくなって終盤はペースダウン。結局No.96 K-tunes RC F GT3がトップを奪って、昨年に続き鈴鹿を制した。

96号車は開幕戦に続き、今季2勝目。新田は自らが持つGT300クラス最多勝を22勝とさらに積み上げた。2位はNo.5 ADVICS マッハ車検 MC86 マッハ号(坂口夏月/平木湧也)、3位はNo.61 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)となった。
(観客動員:3万6000人。5/25[予選日] 2万1000人、2日合計5万7000人)

GT500クラス
No.36 au TOM'S LC500
中嶋一貴
「今日は走り始めからクルマの調子が良くて、最初からプッシュしてギャップを拡げていき(後半の関口)雄飛に渡そう、と。少しリードを拡げたところでセーフティカーが出たのはちょっとアンラッキーだったけど、リスタートしてからもリードを拡げることができました。ほぼプラン通りのレースになりましたね」

関口雄飛
「交代して一時ペースが遅くなったのは、タイヤを気遣ったのとGT300との巡り合わせが悪かったから。このまま逃げても終盤にはタイヤがきつくなると思い、それならば相手(後続の6号車)にタイヤを使ってもらおう、と作戦を変えました。(車両の)背後に着くとダウンフォースが抜けてタイヤを酷使するんですよ。だから、僕も想定通りのレースができました」

GT300クラス
No.96 K-tunes RC F GT3
新田守男
「路面温度がもう少し上がると思っていたけれど、昨日ほどには上がらなくて。それで少し(タイヤが)厳しくなって2番手のまま(阪口)晴南に渡すことになりました。でもトップにはあまり離されることなく渡すことができて良かった。開幕戦では僕だけが走って勝ったので、今回は晴南と一緒に走って勝ちたかった。それができて嬉しいです」

阪口晴南
「新田(守男)さんからはトップから僅差の2番手で渡されましたが、僕たちはタイヤを交換して最初から最後までプッシュする作戦でした。新田さんからのアドバイスで選んだタイヤは最後までプッシュし続けられるタイヤでした。トップとのタイム差をピットに聞きながらプッシュし続けて、逆転したところで優勝できると確信しました」

2019年 SUPER GT 第3戦 鈴鹿サーキット 結果
Pos.No.CarDriverTireWH
136au TOM’S LC500中嶋一貴/関口雄飛BS2kg
237KeePer TOM’S LC500平川亮/ニック・キャシディBS8kg
36WAKO’S 4CR LC500大嶋和也/山下健太BS6kg
48ARTA NSX-GT野尻智紀/伊沢拓也BS24kg
539DENSO KOBELCO SARD LC500H.コバライネン/中山雄一BS16kg
638ZENT CERUMO LC500立川祐路/石浦宏明BS43kg
719WedsSport ADVAN LC500国本雄資/坪井翔YH5kg
824リアライズコーポレーション ADVAN GT-R高星明誠/ヤン・マーデンボローYH6kg
93CRAFTSPORTS MOTUL GT-R平手晃平/フレデリック・マコヴィッキィMI18kg
1012カルソニック IMPUL GT-R佐々木大樹/ジェームス・.ロシターBS11kg
1164Modulo Epson NSX-GTナレイン・カーティケヤン/牧野任祐DL3kg
1216MOTUL MUGEN NSX-GT武藤英紀/中嶋大祐YH4kg
131RAYBRIG NSX-GT山本尚貴/ジェンソン・バトンBS22kg
1417KEIHIN NSX-GT塚越広大/ベルトラン・バゲットBS12kg
1523MOTUL AUTECH GT-R松田次生/ロニー・クインタレッリMI49kg


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: SUPER GT