スーパーフォーミュラ
スーパーフォーミュラ 第6戦の決勝が9月9日(日)に岡山国際サーキットで行われ、関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が優勝を成し遂げた。

秋雨前線の影響から悪天候に見舞われている岡山。レースのスタート進行は1時間遅れの14時10分から開始。68周が予定されていたレースは54周に短縮。70分の時間制限が設けられている。ウェットコンディションにより2スペックタイヤの使用義務はなくなった。

朝のフリー走行でクラッシュを喫したNo.17 塚越広大(REAL RACING)は、エンジン交換による10グリッド降格ペナルティで17番グリッドに降格している。

決勝は14時55分からセーフティカー先導のもとでスタート。No.64 ナレイン・カーティケヤン(TCS NAKAJIMA RACING)がエンジンストールによってマシンを発進できず、最後尾に回ることになった。

7周を走行中に赤旗が提示されてレースは中断。50分以上の中断を経て、雨は止むことはないまま、残り51分の時点からセーフティカー先導のもと、レースは再開。12周でセーフティカーランは終了し、13周目、残り38分からレースが本格的にスタートした。

再開後はトップのNo.19 関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)と小林可夢偉が激しいバトル。ヘアピン後には軽く追突しつつも、小林可夢偉がオーバテイクに成功してトップに浮上。可夢偉のマシンはノーズ先端が折れるダメージを負ったが、1周でリードを2.8秒に広げるを異次元の走りを見せる。

23周目に激しいバトルを繰り返してきたNo.15 福住仁嶺(TEAM MUGEN)とNo.7 トム・ディルマン(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)が最終コーナーで接触。ディィルマンはリタイアとなり、車両回収のためセーフティカーが導入された。これで小林可夢偉の6秒以上のリードが失われた。

27周目にレースは再開。低速走行で駆け引きを仕掛けていた小林可夢偉が好スタートを切って再びギャップを広げていく。しかし、バックストレートエンドで単独コースオフ。関口雄飛のトップの座を譲り、2番手でコースに戻った。

その後、二人は素晴らしいバトルを続けていたが、31周目に福住仁嶺がスピンしてコースの真ん中でエンジンが停止してストップ。翌周、残り5分を切ったところで再びセーフティカーが導入された。そして、そのまま70分の制限時間を迎えて時間切り。

関口雄飛は今シーズン初優勝。小林可夢偉が2位、平川亮が3位に入り表彰台を獲得した。レースは規定距離に達することができず、入賞者にはハーフポイントが与えられる。

最終戦の鈴鹿を控え、ドライバーズ選手権ではニック・キャシディが29ポイントでトップ。2位には25ポイントで石浦宏明、3位には24ポイントで山本尚貴、4位には関口雄飛、5位には平川亮が17ポイントで続いている。

2018年 スーパーフォーミュラ 第6戦 岡山 決勝 結果

PosNoNameTeam
119関口雄飛ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
218小林可夢偉carrozzeria Team KCMG
320平川亮ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
45野尻智紀DOCOMO TEAM DANDELION RACING
553ニックキャシディKONDO RACING
64山下健太KONDO RACING
71石浦宏明P.MU/CERUMO・INGING
82国本雄資P.MU/CERUMO・INGING
96松下信治DOCOMO TEAM DANDELION RACING
1016山本尚貴TEAM MUGEN
1137ジェームス・ロシターVANTELIN TEAM TOM'S
1236中嶋一貴VANTELIN TEAM TOM'S
1317塚越広大REAL RACING
1464ナレイン・カーティケヤンTCS NAKAJIMA RACING
1565伊沢拓也TCS NAKAJIMA RACING
1650千代勝正B-MAX RACING TEAM
178大嶋和也UOMO SUNOCO TEAM LEMANS
1815福住仁嶺TEAM MUGEN
197トム・ディルマンUOMO SUNOCO TEAM LEMANS


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: スーパーフォーミュラ