UBS
F1の主要スポンサーである『UBS』が、F1への投資を縮小する。

スイスに本拠地を置く世界的な金融機関であるUBSは、オズワルド・グルーベルがCEOを務めていた2010年にF1へ参入した。

現在のUBSを率いるスイスの銀行家セルジオ・エルモッティは、昨年にオズワルド・グルーベルのF1契約について市場調査を開始していた。

Blick は、UBSは投資額を減らした新たな契約でバーニー・エクレストンと合意したと伝えた。

UBSの広報担当の「我々は常にF1は長期のコミットメントだと強調してきた。このパートナーシップにとても満足している」とコメント。

「我々はカスタマープラットフォームをより中心に置き、主要な成長市場にこのブランドを集中する」

契約縮小の内容には、グランプリでのコースサイドの広告減やF1中国GPのタイトルスポンサーシップ終了などがある。

UBSは、投資を年間5,400万ドル(約56億3,000万円)から3,200万ドル(約33億3,000万円)に縮小したと同紙は報じた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1スポンサー