2021年 第4戦 F1スペインGP:ピレリ タイヤコンパンド情報
2021年のF1世界選手権の第4戦 F1スペインGPがバルセロナのカタルニア・サーキットで開催される。公式タイヤサプライヤーのピレリが第4戦のタイヤについて語った。

昨年と初めて8月中旬にF1スペインGPが開催されたときと同じように、レンジ内で最も硬いタイヤがカタルニア・サーキットで使用される。C1(ハード)、C2(ミディアム)、C3(ソフト)は、先週末のF1ポルトガルGPと同じノミネートとなる。

スペインの気象条件は昨年よりもかなり涼しいと思われるが、トラックの高いエネルギー需要は残っている。非常に長いターン3の右コーナー、特に左フロントタイヤにかなりの力がかかりる。それだけでなく、ターン9もタイヤにとって挑戦的だ。結果として、最も硬いコンパウンドが依然として最も適切な選択となる。

2014年以来初めて、バルセロナでプレシーズンテストが行われなかったことで、最新の仕様のマシンでカタルニア・サーキットでのパフォーマンスに関するデータを収集する機会はなかった。F1チームは新しいマシンでこのサーキットを初めて走ることになる。

今年はトラックレイアウトが変更され、安全性を向上させるためにターン10のプロファイルが変更された。その結果、以前のバージョンよりもわずかに広い左コーナーとなり、ランオフエリアは大きく、ブレーキングゾーンが短くなり、コーナーへの進入速度が速くなる。また、ラップも20メートル長くなった。

バルセロナのトラックのよく知られた要求は、1ストッパーを非常に困難にする。ただし、今年は涼しい天候の可能性が役立つはずだ。2020年は、メルセデスのルイス・ハミルトンがソフト-ミディアム-ミディアムの2ストッパーで優勝したが、セルジオ・ペレスはソフトからミディアムの1ストップで5位でフィニッシュし、バルテリボッタスは3ストップ戦略で表彰台に上がった。

バルセロナは、ラップのほとんどが追い越しが非常に難しいコースとして有名だが、長い下り坂のストレートは、追い越しの動きを揃えるのに役立つパワーとDRSのアドバンテージを得ることができる。これらすべてが、予選ポジションとレース戦略をトラックポジションを獲得するために特に重要にする。

F1スペインGPは、多くのサポートレースが開催され、F1が唯一のトラックアクションであった今年の他のいくつかのグランプリと比較して、路面はより多くのゴムが敷かれ、適度に素早く進化するはずだ。

マリオ・イゾラ(ピレリF1およびカーレーシング責任者)
「主に昨シーズンのバルセロナでのレース戦略は非常に高い路面温度の影響を受けた。今年はレースが春の日に戻るため、気温は低くなるが、それでも戦略の背後にある重要な要素になるはずだ。ターン10の変更されたコーナープロファイルは、ドライバーがラップにアプローチ方法に影響を与える可能性のある別の新しい課題を提供する。過去に、戦略はバルセロナの重要な差別化要因の1つであり、今週末もこれが当てはまると予想している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1スペインGP / ピレリ