F1スペインGP DRS
FIAは、F1スペインGPでのDRSゾーンを発表した。

バルセロナでは、DRSの検知ゾーンが最終コーナー直前に設置され、メインストレート開始直後からDRSを使用することができる。

DRSゾーンはこれまでで最長となり、ドライバーはメインストレート沿いの830メートルでオーバーテイクを仕掛けられるようになる。

バルセロナは、オーバーテイクが難しいサーキットとされてきたが、DRSによってオーバーテイクが増加することが期待されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1スペインGP