ブルーノ・セナ メルセデス・ベンツ DTM
ブルーノ・セナが、DTMのテストを行った。

F1デビュー確実とみられていたブルーノ・セナだが、ブラウンGPがルーベンス・バリチェロを起用したことで、2009年のF1シートは獲得できなかった。

ブルーノ・セナは、水曜日にホッケンハイムでメルセデス・ベンツとDTMのテストを実施。2008年型のAMG メルセデス・ベンツ Cクラスをドライブした。

「DTMテストは2日目も続き、メルセデス・ベンツのノルベルト・ハウグと将来について話し合いの機会を設けてる」

「今のところ楽しんでいるし、マシンのペースをすぐに把握することができた。DMTの競争レベルを甘く見ているはいない。知名度も高く、ホイール・トゥ・ホイールの素晴らしいレースがみられる最高のシリーズだ」

「話し合うことはたくさんあるけど、このカテゴリーの接近戦やスピードに対する徹底的な追及は、僕にとても合っていると思う。新しい経験になるし、将来F1を目指すための僕のキャリアに価値を与えてくれると思う」

ノルベルト・ハウグは、ブルーノ・セナのDMT参戦についてはまだ慎重になっているようだ。

「今日はブルーノ・セナにとって、初めてのDTM体験だった。彼は楽しんでいたようだね。明日もテストを行い、今後、次に何をするかをじっくりと検討するつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ブルーノ・セナ / メルセデス / DTM(ドイツツーリングカー選手権)