ブルーノ・セナ
ブルーノ・セナは、新ホンダF1チームがルーベンス・バリチェロの残留を選んだことに動揺していると語る。

これまでブルーノ・セナは、ホンダF1が救済された際のジェンソン・バトンのチームメイトの最有力候補としてされてきた。

しかしチーム代表のロス・ブロウンは、今週ルーベンス・バリチェロをもう1シーズン起用することを決定。ブルーノ・セナは2009年のF1シートを失った。

「なにか他のことにトライすることを少し諦めているよ。月曜日にロス・ブロウンとミーティングをする予定だったが、彼はキャンセルしたんだ」

「この状況が長い間続いたことでプロとしての良い可能性は失われてしまったので少し動揺している。これから家族とアドバイザーと集まって、どんな方法を取るべきか決めるつもりだ」

「なにをするとしても後退することになる。重要なことは最優先事項としてF1に留まることだ。僕は立ち直るつもりだ」

一方、ルーベンス・バリチェロは、まだ契約にサインしていないと主張するが、来週のバルセロナで活動することを望んでいる。

「信頼する人が、僕が来週のバルセロナテストでコンペティティブなマシンをドライブすることになると言っている。それを保証する文書は持っていないけどね」

「僕は4か月待っていたし、ゴールラインを横切る前にお祝いするつもりはないよ」

関連:新チーム「ブラウンGP」誕生 - 2009年3月6日

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ブルーノ・セナ | ホンダF1