ブルーノ・セナ
ブルーノ・セナは、2013年もウィリアムズに残留することを願っている。

パドックでは、ウィリアムズはPDVSAが支援するパストール・マルドナドはキープするが、もう一人のドライバーはバルテリ・ボッタスになると考えられている。

パルテリ・ボッタスは、今シーズンの金曜フリー走行1回目の大部分でブルーノ・セナのクルマをドライブし、ウィリアムズに感銘を与えている。

「僕は自分のスピードを示してきたと考えているし、それ(2013年のレースシート)を得られることを本当に願っている」とバルテリ・ボッタスは Sky にコメント。

ウィリアムズは、例年、シーズン終了まで次シーズンのラインナップを発表しない。

ブルーノ・セナは、厳しい2012年シーズンを過ごしたが、将来を確保するためには十分な仕事ができたと考えている。

「チームは僕に満足してくれているし、最近のレースでいくつか難しい状況にあったことをわかってくれている」とブルーノ・セナは Totalrace に述べた。

「僕がやらなければならないことは、集中して、問題なく自分の仕事を続け、シーズン末までに良い結果を出すことだ。シーズン末にどうなるか見守りたい」

ブルーノ・セナは、ウィリアムズはパフォーマンスを構成に評価してドライバーを決定すると考えている。

「彼らは、僕のミスではないときがあったことを完全に理解している」

「例えば、シンガポールは僕のミスだったし、それは受け入れなければならない。でも、いくつか問題もあった」

「全てが完璧にいかない週末があるのは明らかだ。例えば、1回目のセッションを逃して、クルマに問題が発生したが、他のドライバーほどしっかりと準備はできない」

「僕はその代償を払ってきた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ブルーノ・セナ / ウィリアムズ