ブルーノ・セナ
F1シンガポールGPでレースをリタイアしたブルーノ・セナが、背中に火傷を負っていたことが明らかになった。

ウィリアムズは、F1シンガポールGPでダブルリタイアを喫しており、パストール・マルドナドは不運なタイミングで入ったセーフティカーによって順位を落とし、油圧トラブルでストップするまでは最高で3番手を走行していた。

「トラブルについては現在調査中であり、早急に根本的な原因をを解明し、できる限り早く必要な修正を施せると確信している」とチーフオペレーションエンジニアを務めるマーク・ジランはコメント

「現段階で、トラブルの要因が熱だったとは考えていない」

22番グリッドからポイント圏内まで巻き返す走りを見せていたブルーノ・セナは、レースのファイナルラップでリタイアを喫した。ウィリアムズによるとマシンを降りた彼の背中には焼け焦げた跡が残っていたという。

「(原因について)予想はついているが、すべての潜在的原因をカバーしたと確信できるまでは調査を続けていく」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ブルーノ・セナ / ウィリアムズ