ブルーノ・セナ
ブルーノ・セナが、ウィリアムズの2つ目のシートの最有力候補だと BBC が報じている。

ブルーノ・セナは、ブラジルのブラジルの億万長者エイケ・バチスタが率いるEBXに支援を受けている。

最近、エイケ・バチスタは自身のTwitterで「彼(セナ)はウィリアムズでレースをする」と投稿したが、ウィリアムズからの発表はまだない。

だが、BBC は、ブルーノ・セナが有力候補なのはスポンサーパッケージだけではないと主張。

「ウィリアムズは、ルノーでの初グランプリとなったベルギーの厳しいスパ・フランコルシャンでの印象的な7番グリッドを含め、2011年に彼が示した将来性のある本物のきらめきにも感銘を受けたと思われる」と BBC は報じた。

また、今週エイドリアン・スーティルが、ロータスF1の役員エリック・ルクスをグラスで負傷させたこと対して、重傷害罪でミュンヘンの法廷に出廷することになったこともブルーノ・セナのシート獲得のチャンスを押し上げている。

エイドリアン・スーティルに有罪判決が下されれば、1年の懲役を受ける可能性もある。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ブルーノ・セナ / ウィリアムズ