ブルーノ・セナ
ブルーノ・セナは、ウィリアムズにタイトルスポンサーを持ち込むとの噂を否定。F1での将来はまだわからないと述べた。

2011年シーズン後半にロータス・ルノーGPでレースをしたブルーノ・セナだが、チームは2012年にキミ・ライコネンとロマン・グロージャンを起用することを決定した。

ウィリアムズはまだパストール・マルドナドの起用しか発表しておらず、ブルーノ・セナは2つ目のシート候補に挙げられている。

他の候補はルーベンス・バリチェロとエイドリアン・スーティルだが、最近ブルーノ・セナが、タイトルスポンサーであるAT&Tを失ったウィリアムズにエンブラテルを持ち込むとの噂が浮上している。

しかし、ブルーノ・セナは状況は変わっていないと述べた。

「いくつか噂があるけど、僕の状況は以前と同じままだ」とブルーノ・セナは自身のFacebookページに投稿。

「まだどのチームとも確定していないし、まだF1での居場所を得るために戦っている。戦い続けよう!」

関連:ウィリアムズ、ブルーノ・セナとの契約を発表 - 2012年1月17日

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ブルーノ・セナ / ウィリアムズ