ブルーノ・セナ
ブルーノ・セナが、ロータス・ルノーGPでニック・ハイドフェルドに代わって今週末のF1ベルギーGPに出場することが決定した。

F1が夏休みだったここ数週間、ロータス・ルノーGPがニック・ハイドフェルドに代えてブルーノ・セナを走らせることを望んでいるとの報道が続いていた。

だが、ニック・ハイドフェルドはチームとの契約の解消を望んでおらず、特にポイント表でヴィタリー・ペトロフの前にいるためにパフォーマンス面で解雇される理由はほとんどないように思われていた。

ここ48時間にわたってルノーとハイドフェルドの代理人との間で激しい議論が行われていたが、水曜日の夜にF1ベルギーGPでブルーノ・セナのためにシートを空けるということで和解が成立した。

ロータス・ルノーGPの声明によると、ブルーノ・セナは今週末のF1ベルギーGPに出場することしか確認されておらず、残りのシーズンのチーム計画は木曜日に発表されるという。

「ロータス・ルノーGPは、ブルーノ・セナが今週末のスパ・フランコルシャンでのベルギーGPでヴィタリー・ペトロフと並んでレースをすることを発表できることを嬉しく思っています」とロータス・ルノーGPは述べた。

「ブルーノは明日15:00の公式FIAプレスカンファレンスに出席します。この件に関する詳細なプレスリリースは明日の朝に出されます」

ルノーは、GP2シリーズで首位に立つロマン・グロージャンにもう一度F1のチャンスを与えることを検討していることを公然と述べており、ブルーノ・セナが残りのシーズンでシートを維持できるかは彼の競争力にかかっている。

GP2シリーズは、モンツァで最終戦を迎えるため、今年最後のフライアウェイレースでロマン・グロージャンが起用されるとの推測がすでになされている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ブルーノ・セナ / ルノー / ニック・ハイドフェルド