ブルーノ・セナ
ブルーノ・セナは、2011年にF1に残る可能性が低くなったことを認めた。

ヒスパニア・レーシングは、2011年のドライバーとしてナレイン・カーティケヤンを起用することを発表。もう一人のドライバーについてはいくつかの選択肢を検討しているが、ブルーノ・セナは2011年の計画に含まれていないことを明らかにした。

「今のF1の状況はちょっと厳しいね」とブルーノ・セナは語る。

「去年はいろいろな問題があって、僕に何ができるかを示すチャンスがあまsりなかった。今シーズンための助けにはならなかったね」

「まだ可能性のある小さなチャンスのために交渉はしているけど、今はそんなに簡単とは言えない。ニコ(ヒュルケンベルグ)でさえ、競争力のあるシートを見つけるのに苦労しているしね」

「現在の状況のせいで、若い才能が無駄になる可能性がある。手に入れられるならどんなチャンスでも掴みたい・・・でも、わからないね」

2010年にチームメイトだったカルン・チャンドックもF1でのチャンスを探っており、チーム・ロータスのリザーブドライバー候補として名前が挙がっている。

関連:
ヒスパニア・レーシング、ナレイン・カーティケヤンの起用を正式発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ブルーノ・セナ