ブルーノ・セナの2010年06月のF1情報を一覧表示します。

ブルーノ・セナ 「107%ルールは心配していない」

2010年6月25日
ブルーノ・セナ
ブルーノ・セナは、来年からF1復活する107%ルールを支持していると語る。

FIAは、2011年からポールポジションタイムから107%を超えるドライバーが決勝レースに出走することを許可しない“107%ルール”を復活することを承認した。

ヒスパニア・レーシングは、今シーズン何度か107%タイムを越えているため、チームとして107%ルールの復活を支持していないかもしれない

ブルーノ・セナ:F1ヨーロッパGPプレビュー

2010年6月19日
ブルーノ・セナ
ブルーノ・セナが、F1ヨーロッパGPへの意気込みを語った。

ブルーノ・セナ (ヒスパニア・レーシング)
「2008年にGP2シリーズで良いパフォーマンスを発揮できたサーキットなので、バレンシアでのグランプリを本当に楽しみにしている。サーキットはとてもテクニカルなコーナーがあって難しいけど、最大のチャレンジはブリッジだね。とても狭くてパンピーだ。最終コーナーには非常にハイスピードで到達する。そのあとヘアピンに向けてクルマをスローダウンさせなければならない」

ブルーノ・セナ:F1カナダGPプレビュー

2010年6月7日
ブルーノ・セナ
ブルーノ・セナが、F1カナダGPへの意気込みを語った。

ブルーノ・セナ (ヒスパニア・レーシング)
「カナダGP、都市の素晴らしい環境、そしてサーキットを楽しみにしている。ジル・ヴィルヌーヴサーキットは、テレビやビデオゲームでしか知らない。トラックは低速コーナーとロングストレートが混ざり合っているので、トップスピードが非常に高いし、ドライバーにとって非常にチャレンジングだ」

ブルーノ・セナ、山本左近と交代?

2010年6月2日
ブルーノ・セナ
ブルーノ・セナが、ヒスパニア・レーシングのシートを失う恐れがあるとイタリアの Autosprint が報じている。

同誌によると、ブルーノ・セナは、最近ヒスパニア・レーシングとリザーブ兼テストドライバー契約を結んだ山本左近と交代になる可能性があるとしている。

ダラーラが制作した競争力のないF110をドライブするブルーノ・セナは、有名な叔父アイルトン・セナのイメージに耐えることに苦しんでいると語る。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム