「ミハエル・シューマッハはフィードバックが優秀だったわけではない」とフェラーリF1チーム代表
フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、同チームで黄金時代を築いたミハエル・シューマッハは、人々が考えるほどフィードバックが優秀だったけではないと語る。

7度のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハは特にフェラーリで獲得したタイトルが有名だ。多くのファンは、シューマッハが自らマシンを改善させてそれらのタイトルを獲得したと考えている。

しかし、現在、フェラーリのF1チーム代表を務め、当時エンジニアとして仕事をしていたマッティア・ビノットは、実際にはミハエル・シューマッハはフィードバックが優秀だったわけではなかったと語る。

「シューマッハはフィードバックが優秀だったとは思わない。実際には誰もが彼について考えていることとは逆だった」とマッティア・ビノットは Beyond the Grid で語った。

「彼は本当に速かったので、すべてが非常にシンプルだった。セットアップを変更したとき、彼はセットアップが速いか遅いかを確認するためにできるだけ速く運転した。論理的に速い方がポジティブであり、遅いときはネガティブなフィードバックを返していた」

「彼は非常に一貫していたので、そのような仕事の仕方ができた。彼のラップタイムがすべてを物語っていた」

「お互いをリアルな友達と呼ぶのは言葉が大きすぎるかもしれない。全般的に我々は二人ともとにかく仕事をしていた。シューマッハはレースの週末の前にいつもサッカーをしたがり、チームは彼をよく知るようになった。サッカーの後、私たちはいつも一緒にレストランに行った。その結果、彼とエンジニアの間に相互のリスペクトが生まれた。しかし、それは友情は少し違うものだ」

マッティア・ビノットは、ミハエル・シューマッハとのコラボレーションを通じてタイトルを5連覇したが、その時には特別なことをしているという感覚はなかったと語る。

「ミハエルとの勝利サイクルの時、自分たちが特別なことをしていることに気づいていなかったのは確かだ。集中的にそうしているとき、とにかく次のレースを楽しみにするものだ。毎週末のレースを再び最大限に生かすことを望んでいる。

「自分たちがスクーデリアで特別な何かを成し遂げたことに気付いたのは成功から数年経ってからだった。勝っている瞬間は主に仕事を楽しんでいるので気づかないものだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミハエル・シューマッハ / フェラーリ