F1 ミハエル・シューマッハ
F1は、ミハエル・シューマッハが勝利を飾ったフェラーリ F2002を含めたマシンをF1アブダビGPでRMサザビーズとともにオークションに出品する。

オープションは、レース週末の土曜日の夜にピットレーンとメインストレートを見下ろすF1パドッククラブの1階で行われる。ファンや登録入札者は、グランプリ週末を通してオークションのためにクルマを見ることができる。

その後、マシンはスタート/フィニッシュストレートでパレードを行い、オークション前にサーキットのピットレーンに沿って走行する。売り出し中のロットは、登録されたオークションの参加者、そしてオンラインおよび電話の入札者によって入札すされる。

RMサザビーズは、中東で最初の主要な自動車オークションのために、販売のためにかなりの数のマシンと記念品を提供される。注目はは美しく修復され、4度の世界チャンピオンで現在のフェラーリドライバーであるセバスチャン・ベッテルによってサインされた1990年のフェラーリF40とミハエル・シューマッハのフェラーリ F2002である。

フェラーリ F2002はシャーシ番No,219は、2002年シーズンの重要なマシンだった。ミハエル・シューマッハはその年の彼の11戦のうちのイモラ、ツェルトベク、マニクールの3戦でこのマシンをドライブした。

フェラーリ F2002の売却による収入の一部は、ミハエル・シューマッハのKeep Fighting、Never Give Up Foundationに寄付される。非営利財団は、ミハエル・シューマッハにインスパイアされたすべての人を団結させ、決してあきらめないことを信じるためにシューマッハの家族によって設立された。

ケイト・ビーバン (F1ホスピタリティ&エクスペリエンス担当ディレクター)
「ワールドチャンピオンのセバスチャン・ベッテルのサインが入ったフェラーリF40と共に、RMサザビーズが主催する私たちの最初のオークションはすでに壮観な機会になるための準備を整えている。ファン、パドッククラブのゲスト、そして応札者は、これらの象徴的なクルマに近づき、オークションに参加して興奮を分かち合う素晴らしい機会を得ることになる。ミハエル・シューマッハのKeep Fighting Foundationを売却からの収益で支援できることを誇りに思う」

オリバーキャメリン (RMサザビーズ カースペシャリスト)
「ミハエル・シューマッハのF2002、シャシーNo.219は本当に特別なマシンだ。V10時代にロリー・バーンが手がけた最後の作品のひとつであり、優勝を重ねてシーズンを圧倒するさまは、まるで誘導ミサイルのようだった。その結果、F1史において最も圧倒的だったF1マシンの1台となり、実質的に新品同様の究極のフェラーリスーパーカーF40と共に出品されるにふさわしい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミハエル・シューマッハ / フェラーリ