F1 ミハエル・シューマッハ フェラーリ
フェラーリでF1チーム代表を務めたステファノ・ドメニカリが、ミハエル・シューマッハとの黄金時代を振り返った。

現在、フェラーリは不振に陥っており、7戦を終えた段階ですでに首位のメルセデスに123ポイント差をつけられている。

ステファノ・ドメニカリは、タイトルを5連覇していた時代のミハエル・シューマッハとの仕事を振り返り、彼の姿勢を称賛した。

「彼はチームにいかなる不満も訴えたことがなかった。彼には1999年のシルバーストーンでその機会があった。彼は事故で右足を骨折した。ブレーキのネジが十分に締められていなかったことが問題だった。だか、ネガティブなことはまったく耳にしなかったと思うし、彼がチームのミスを責めることもなかった」とステファノ・ドメニカルはニコ・ロズベルグのポッドキャストで語った。

「ミハエルは決してハッピーではなかった。彼は常に勝つことを望んでいたし、一歩ずつ進めるために競争しながら状況を改善するために分析しようとしていた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ミハエル・シューマッハ | フェラーリ