F1 ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハの有名なカートサーキットが閉鎖されることになった。

ケルンから約30キロ離れたケルペンに位置する「Michael SCHUMACHER KART CENTER」のある土地は、ドイツ企業RWEによって2020年から石炭採掘の土地に指定された。

ミハエル・シューマッハの弟で自身もケルペンでレースキャリアをスタートしたラルフ・シュマッハは「新しいカートトラックが作られることはないだろう」と Kolner Express にコメント。

「RWEと共同調査をしているが、新しい土地は見つかっていない」

「残念だ。ここの伝統と青少年育成の成功の両方が同時に死んでしまう」

ミハエル・シューマッハは、トラックの3分の2を所有しているが、マネージャーを務めるザビーネ・ケームは「家族は開発の最新状況を得ています」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ミハエル・シューマッハ