ミハエル・シューマッハとセバスチャン・ベッテル
フェラーリに加入したベテランエンジニアのジョック・クリアは、いつかセバスチャン・ベッテルと契約すべきだと周囲に語っていたミハエル・シューマッハの見る目は「正しかった」と述べた。

52歳となるジョック・クリアは、ベネトン、レイトンハウス、ロータス、ウィリアムズといったチームでエンジニアを歴任。1997年にはジャック・ヴィルヌーヴ担当エンジニアとしてF1タイトル獲得に貢献。ジャック・ヴィルヌーヴとともにBARへ移籍したジョック・クリアは、2004年と2005年には佐藤琢磨の担当エンジニアを務めていた。

その後、ホンダ、ブラウンGP、メルセデスと姿を変えてもチームと留まっていたジョーック・クリアだが、2014年までルイス・ハミルトンの担当エンジニアを務めた後、フェラーリへの移籍を決めていた。

メルセデスとの契約により、1年間のガーデニング休暇を過ごしたジョック・クリアは、今年からフェラーリでの業務を開始している。

ジョック・クリアは、メルセデス在籍時代の2010年、F1復帰を果たしたミハエル・シューマッハと3年間共に仕事をしている。

その当時から、ミハエル・シューマッハは、後輩のドイツ人ドライバーのことを周囲の人物たちに話していたようだ。

ジョック・クリアは当時のことについて「ミハエル・シューマッハは常にセバスチャンのことをべた褒めしていた。そして、彼は完全に正しかった」とコメント。

「今、私はフェラーリでセバスチャンと仕事をしているが、ミハエルが彼について語っていたことはまったく大袈裟ではなかったと断言できる」

「特に彼は詳細な部分にまで信じられないほどの取り組み方を見せる。それにより、スタッフやチームの長所を引き出してチームを前進させていく力を持っている。彼の貢献度は計り知れないし、彼の仕事への取り組み方が4回F1チャンピオンになった者とその他のドライバーたちとの違いを生んだと言える」

ジョック・クリアは、1年間の休暇を終えてF1の現場に戻ってきたことを嬉しく思っていると述べた。

「21年間ずっとレースをやっていたのに、突然、家でソファに座ってテレビを見る生活を送ることになったのは辛かったし、楽しくなかった」

「F1で求められる即断力というようなものがいかにすぐに失われてしまうかということわ分かった。自分はまだそのスピードを取り戻そうとしているところだ。予選やレースではショックを感じていた。だが、幸運なことに、私は素晴らしい人たちに囲まれている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ミハエル・シューマッハ | セバスチャン・ベッテル