ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハは、1月3日(火)に43歳の誕生日を迎えた。

「僕はまだ勝つことができる」とミハエル・シューマッハは La Gazzetta dello Sport に語った。

昨年F1に復帰したミハエル・シューマッハだが、それ以降まだ一度も表彰台を獲得できていない。

ミハエル・シューマッハとメルセデスAMGとの契約は、2012年末で終了する。

「メルセデスと僕は成功すると確信している」とミハエル・シューマッハは主張。

「僕たちはもうひとつ小さなステップを必要としている。僕たちはトップに向かっている」

今年、43歳のミハエル・シューマッハが通算92勝目を記録すれば、最年長レースウィナーのリストで6位にランクインする。

現在の記録保持者は1951年のフランスGPで53歳で優勝したルイジ・ファジオーリ。

最年長ワールドチャンピオンは、1957年に46歳でチャンピオンを獲得したファン・マヌエル・ファンジオ。最年長ポールシッターは1954年に47歳でポールポジションを獲得したニノ・ファリーナとなっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ミハエル・シューマッハ | メルセデス