ミハエル・シューマッハの2011年12月のF1情報を一覧表示します。

2011年F1、最多オーバーテイクはミハエル・シューマッハ

2011年12月25日
ミハエル・シューマッハと小林可夢偉
ミハエル・シューマッハが、2011年のF1で最多オーバーテイク数を記録。小林可夢偉は3位だった。

メルセデスGPとAUTOSPORTの分析データによると、ミハエル・シューマッハが116回のオーバーテイクで最多オーバーテイクを記録した。

ミハエル・シューマッハの合計数は、レースのオープニングスティントで多くのポジションを上げたことによるところが大きい。

ヨス・フェルスタッペン 「シューマッハの1994年マシンは違法だった」

2011年12月8日
ミハエル・シューマッハ
1994年にベネトンでミハエル・シューマッハのチームメイトだったヨス・フェルスタッペンは、当時ミハエル・シューマッハのマシンにだけ違法な秘密のシステムが搭載されていたと主張している。

ミハエル・シューマッハは、1994年にベネトンで初タイトルを獲得。ベネトンB194は、禁止されていたトラクションコントロール使用の嫌疑がかけられたが、証拠不十分として無罪となっていた。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム