ミハエル・シューマッハの2009年10月のF1情報を一覧表示します。

ミハエル・シューマッハ 「ジャン・トッドはFIAを変える」

2009年10月15日
ミハエル・シューマッハとジャン・トッド
ミハエル・シューマッハは、ジャン・トッドを次期FIA会長として公然と支持しており、新代表を選出する各国のFIAメンバーに手紙を送った。

今月末でマックス・モズレーが16年に及ぶFIA会長職を引退。次期会長は、元フェラーリのチーム代表であるジャン・トッドと元WRCチャンピオンのアリ・バタネンによって争われる。

ジャン・トッドの元で多くのチャンピオンシップを獲得したミハエル・シューマッハは、ジャン・トッドこそがFIAを変えるために相応しい人物だと主張する。

ミハエル・シューマッハ 「ようこそ、フェルナンド!」

2009年10月2日
ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハは、2010年からフェルナンド・アロンソを雇うという決定を歓迎している。

フェルナンド・アロンソは、2010年からキミ・ライコネンに代わって3年契約を結んだ。

現在フェラーリのアドバイザーを務めるミハエル・シューマッハは、フェラーリの決定に最初から関与しており、アロンソの加入に喜んだと語る。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム