ザウバーの2016年09月のF1情報を一覧表示します。

ザウバー:F1マレーシアGP 初日レポート

2016年9月30日
ザウバー F1 マレーシア
ザウバーは、F1マレーシアGP初日のフリー走行で、フェリペ・ナッセが16番手タイム、マーカス・エリクソンが17番手タイムだった。

フェリペ・ナッセ (16番手)
「ノーマルな金曜日だった。新しいアスファルトによって路面は去年と比較してかなりスムーズになった。そのバランスに取り組めるようにクルマがどう反応するかを理解するために全てのタイヤ情報を再評価しなければならなかった」

マーカス・エリクソン、自転車で“巨大な鳩”と衝突

2016年9月30日
マーカス・エリクソン
マーカス・エリクソンは、トレーニングのために訪れていたタイでサイクリング中に“巨大な鶏”に衝突。幸い深刻なけがはなかったようだ。

F1シンガポールGPを終えたマーカス・エリクソンは、1週間のトレーニングキャンプに参加するためにタイに渡った。

マレーシアのパドックに戻ってきたマーカス・エリクソンは自転車で事故に遭ったことを明らかにした。

フェリペ・ナッセ 「鈴鹿の素晴らしいところ情熱的なファンの存在」

2016年9月28日
フェリペ・ナッセ 2016 F1 鈴鹿
フェリペ・ナッセが、2016年のF1日本グランプリにむけて鈴鹿サーキット、そして日本の魅力について語った。

フェリペ・ナッセ (ザウバー)
「日本や鈴鹿に行くのはいつも楽しみだった。特に、英国F3時代に中嶋大祐とチームメイトになってからは、特にね。日本人と会ったのは彼が初めてだったけど、とても気が合った。彼が僕の地元のブラジリアに来て実家に2週間くらいステイしてくれたこともある」

マーカス・エリクソン、第一希望はウィリアムズ?

2016年9月22日
マーカス・エリクソン
マーカス・エリクソンは、2017年に空席のあるほとんどのF1チームと話をしていることを明し、シートが残っているチームの中での第一希望はウィリアムズだと認めた。

2014年にケータハムでF1デビューを果たしたマーカス・エリクソンは、翌年ザウバーに移籍し。昨年は5回の入賞を果たしたが、今年のザウバーはまだポイントを獲得しておらず、コンストラクターズ選手権で最下位に沈んでいる。

ザウバー:最大限のダブル完走 / F1シンガポールGP

2016年9月19日
ザウバー F1シンガポール 結果
ザウバーは、F1シンガポールGPの決勝レースで、フェリペ・ナッセが13位、マーカス・エリクソンが17位だった。

フェリペ・ナッセ (13位)
「チャレンジングなレースだった。スタート後、僕がスタートした側のバリアに1台のクルマがクラッシュしたのはちょっと不運だった。その事故によって2つポジションを失った。16番手からスタートしたことを考えれば、13位でレースをフィニッシュできたのは良いリカバリーだ」

ザウバー:マーカス・エリクソンがQ2進出 / F1シンガポールGP 予選

2016年9月18日
ザウバー F1 シンガポール 予選
ザウバーは、F1シンガポールGPの予選で、マーカス・エリクソンが16番手、フェリペ・ナッセが18番手だった。

マーカス・エリクソン (16番手)
「今日Q2に到達できたのはポジティブだ。全体的に僕にとっては難しい週末だった。プラクティスセッションではクルマから良いフィーリングが得られなかった。だから、予選Q2セッションに進めのはことさら嬉しかった。努力の成果だけど、ミッドフィールドとの差を縮めるためにプッシュし続ける必要がある」

ザウバー:F1シンガポールGP 初日レポート

2016年9月17日
ザウバー F1 シンガポール 2016
ザウバーは、F1シンガポールGP初日のフリー走行で、フェリペ・ナッセが18番手タイム、マーカス・エリクソンが20番手タイムだった。

フェリペ・ナッセ (18番手)
「生産的な一日だったよ。FP1では初めてハイダウンフォースで走り、空力パッケージの評価を続けた。データが集められたことは良かったし、クルマのバランスも掴めたので良かった」

ザウバー、女性ストラテジストを採用

2016年9月14日
F1 女性ストラテジスト ルース・バスクーム
ザウバーは、フェラーリとハースでエンジニアを務めた経験のあるルース・バスクームをストラテジストとして獲得した。

ルース・バスクーム(26歳)は、今年ハースのエンジニアとしてロマン・グロージャンのオーストラリアの5位フィニッシュ、バーレーンでの6位フィニッシュの一翼を担った。

ザウバー 「2017年のドライバーはお金ではなく才能で決める」

2016年9月13日
ザウバー
ザウバーは、2017年のドライバーラインナップはお金ではなく才能で決めると主張する。

今シーズン序盤、財政難に陥っていたザウバーは、マシン開発がストップ。厳しいシーズンスタートを切るとともに、チームの将来も不確定だった。

しかし、ロングボウ・ファイナンスによる買収が完了し、ザウバーはようやく新しいアップデートプログラムを開始することが可能になり、2017年に大きな期待を抱いている。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム