ザウバーの2013年02月のF1情報を一覧表示します。

ザウバー、ヴィークランドとアパレル契約

2013年2月27日
ヴィークランド(Wikland)
ザウバーは、ヴィークランドとアパレル契約を結んだことを発表した。

ヴィークランド(Wikland)は、スイスのスポーツウェアブランド。今回の契約により、ヴィークランドはザウバーにチームウェアを供給。ザウバーのチームウェアや器材にヴィークランドのロゴが掲載される。

ザウバー、Onのランニングシューズを採用

2013年2月27日
On(オン) ランニングシューズ
ザウバーは、チームのランニングシューズにスイスのランニングブランド「On(オン)」のシューズを採用することを発表した。

Onは、2010年にスイスで誕生した新しいランニングシューズブランド。元トライアスロン選手のオリヴィエ・ベルンハルドがチューリッヒ工科大学の技術者とともにシューズを開発したことから誕生した。

エステバン・グティエレス、カルロス・スリムのマネジメント関与を否定

2013年2月26日
エステバン・グティエレス
エステバン・グティエレスは、F1デビューに関してのカルロス・スリムのマネジメント関与を否定した。

エステバン・グティエレスは、ザウバーの主要スポンサーであるテルメックを満足させるためにマクラーレンへ移籍したセルジオ・ペレスの後任を務めたとみられている。

テルメックは、億万長者カルロス・スリムが率いており、カルロス・スリムの息子はセルジオ・ペレスのマネジメントに関与している。

ロビン・フラインス、GP2のテストに参加

2013年2月23日
ロビン・フラインス
ザウバーのリザーブドライバーを務めるロビン・フラインスが、来週ヘレスで開催されるGP2テストにトライデントから参加することになった。

昨年フォーミュラ・ルノー3.5のチャンピオンを獲得したロビン・フラインスだが、今年のレース活動は決定しておらず、ザウバーもフラインスがレースを維持することを望んでいる。

エステバン・グティエレス(ザウバー):F1バルセロナテスト最終日

2013年2月23日
エステバン・グティエレス (ザウバー)
エステバン・グティエレスは、F1バルセロナテスト最終日にザウバー C32で96周を走行し、5番手タイムとなる1分26秒239を記録した。

エステバン・グティエレス (ザウバー)
「チームにとってだけでなく、僕にとってもとても興味深い一日だった。ウェットコンディションの経験を積んでおくことは重要なことだからね。ウェットでF1カーを走らせるのは初めてだった」

ニコ・ヒュルケンベルグ(ザウバー):F1バルセロナテスト3日目

2013年2月22日
ザウバー F1 バルセロナテスト
ニコ・ヒュルケンベルグは、F1バルセロナテスト3日目にザウバー C32で91周を走行し、2番手タイムとなる1分22秒160を記録した。

ニコ・ヒュルケンベルグ (ザウバー)
「ポジティブな一日だった。トラブルも少なかったし、多くのことをテストすることができた。午前中にソフトタイヤの感覚を掴むためにここバルセロナで初めてソフトタイヤで走ったけど、興味深かったね」

ニコ・ヒュルケンベルグ(ザウバー):F1バルセロナテスト2日目

2013年2月21日
ザウバー F1バルセロナテスト
ニコ・ヒュルケンベルグは、F1バルセロナテスト2日目にザウバー C32で88周を走行し、9番手タイムとなる1分24秒205を記録した。

ニコ・ヒュルケンベルグ (ザウバー)
「今日は多くのことを完了させることができたけど、いくつか問題もあった。かなり多くの走行をしたけど、タイヤのタレがかなり早くて難しかった。さらに一発のアラックラップでタイヤのポテンシャルをフルに使うことは簡単ではなかった。改善の余地があるのは確かだ」

エステバン・グティエレス(ザウバー):F1バルセロナテスト初日

2013年2月20日
ザウバー F1バルセロナテスト 初日
エステバン・グティエレスは、バルセロナテスト初日にザウバー C32で68周を走行し、9番手タイムとなる1分25秒124を記録した。

エステバン・グティエレス (ザウバー)
「タイヤに関してかなりトリッキーな一日だった。僕たちはタイヤマネジメントとその結果としてデグラデーションに苦労していた。午前中に異なることを試したけど、午後はクルマのセットアップにいくつか問題を抱えていた」

ザウバー 「ニコ・ヒュルケンベルグはチームにとって大きな強み」

2013年2月18日
ニコ・ヒュルケンベルグ
ザウバーのチーフデザイナーを務めるマット・モリスは、ニコ・ヒュルケンベルグの先週のヘレスでのザウバーでの初テストを振り返り、“大きな強み”だと述べた。

今年フォース・インディアから移籍したニコ・ヒュルケンベルグは、ザウバー C32の高速でのハンドリングに満足しており、シーズンにむけてポジティブな感覚を得たと述べていた。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム