ザウバーの2012年01月のF1情報を一覧表示します。

ザウバー C31、エンジン始動に成功

2012年1月31日
ザウバー C31
ザウバーは、2012年F1マシン「C31」のエンジンを無事に始動させた。

ザウバーは30日(月)、ヒンウィルのファクトリーでC31のフェラーリエンジンを始動させた。エンジンのファイヤーアップは、マシンのシステムやメカニカル、電子機器がうまく働いているかをチェックする重要な作業。

ザウバー C31、カラーリングをよりダークに変更?

2012年1月30日
ザウバー C31
ザウバーのチーム代表ペーター・ザウバーは、2012年F1マシン「C31」のカラーリングに変更があることをほのめかした。

ザウバーはここ2年、白地に濃いグレーと赤ラインが入った比較的地味なマシンカラーを採用している。

ザウバー C31のカラーリングについては質問されたペーター・ザウバーは「もちろん、それは秘密だ」とコメント。

ザウバー C31、ノーズに醜い段差

2012年1月29日
ザウバー C31
ザウバーの2012年F1マシン「C31」のノーズに醜い段差があることをチーム代表のペーター・ザウバーが示唆している。

ノーズに大きな段差があるケータハム CT01が発表される前、フェラーリの首脳部は新車の外観が“醜い”と認めていた。

今年、FIAはモノコックの高さは同じままで、ノーズの高さを基準面から最大550mmとより低く設定している。

ザウバー、エリコンとのパートナー契約を延長

2012年1月25日
エリコン(Oerlikon)
ザウバーは、エリコン(Oerlikon)とのパートナー契約を延長したことを発表した。

エリコンは、スイスを拠点にした精密機械・真空装置およびサービスの総合ブランド。今回の契約延長により、エリコンのロゴがザウバー C31のエンジカバーの両サイド、チームギア、器材に掲載される。

また2011年の契約締結時に発表されていたエリコンの薄膜コーティングの技術を用いたヒンウィルにあるザウバーの本拠地のソーラーパークのプロジェクトも進められる。

ザウバー C31、クラッシュテストを通過

2012年1月14日
ザウバー C31
ザウバーは、2012年F1マシン「C31」がFIAのクラッシュテストに合格したことを発表した。

ザウバーは、すでに2月6日にヘレス・サーキットでザウバー C31を披露し、シェイクダウンを実施することを発表していた。

ザウバーは13日、チームの公式Twitterで全てのクラッシュテストに合格したことを報告した。

ザウバー C31、2月6日にヘレスで発表

2012年1月13日
ザウバー C31
ザウバーは、2012年F1マシン「C31」を2月6日にスペインのヘレスサーキットで披露することを正式発表した。

2月6日の午前11時(現地時間)にドライバーの小林可夢偉とセルジオ・ペレスがザウバー C31を披露。発表会にはチーム代表のペーター・ザウバー、チームCEOモニシャ・カルテンボーン、技術責任者ジェームス・キー、リザーブドライバーのエステバン・グティエレスも出席。発表後に記者会見を実施する。

ジュール・ビアンキ 「2012年にザウバーでF1デビューできれば・・・」

2012年1月4日
ジュール・ビアンキ
ジュール・ビアンキは、今年のザウバーのレースシートが彼のレースキャリアにとって論理的なステップだったと認めた。

ジュール・ビアンキは、2013年のレースデビューのために今年はパドックで「重要な役割」を担うことになると認めている。

複数の情報源は、フォース・インディアのリザーブドライバー就任がジュール・ビアンキの今季の役割になると予想している。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム