F1:ニコ・ロズベルグ、ルイス・ハミルトンとの関係崩壊を語る
ニコ・ロズベルグとルイス・ハミルトンは、F1に到達するまでジュニアカテゴリーでお互いに切磋琢磨してきた長年の友人だった。しかし、2013年にメルセデスF1でチームメイトになったことで、その関係はすぐに悪化した。

ニコ・ロズベルグは、メルセデスが2009年の終わりにブラウンGPを引き継いだときから、ミハエル・シューマッハと一緒にすでにチームに所属していた。最初はすべて順調だったが、チームとそのドライバーが本物のタイトル候補になった2014年にすべてが変わった。

「それは僕たちがワールドチャンピオンをかけて戦っていたときにすぐに起こった。以前はそうではなかった」とニコ・ロズベルグはEuropsort に語った。

「でも、それは常にそういうものだ」

「すべてのレースで成功を収めるため、そして、タイトルのために戦っているとき、それはもはや機能しない」

「勝つためには、限界を挑戦し、グレーゾーンに入る必要がある。特に2人のドライバーが非常に高いレベルにあるとき、それはしばしばタイトなものになる」

「自分でワールドチャンピオンを決めたいのなら、『peace, joy, pancake』をプレイすることはできない」とニコ・ロズベルグは語り、以前の友情の崩壊につながる刺激的な瞬間は一度もなかったと付け加えた。

次の3シーズンにわたって、チャンピオンシップでのメルセデスの優位性は、ルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグがドライバーズタイトルをめぐって独占的な戦いを繰り広げることを意味した。

ルイス・ハミルトンは2014年と2015年に連覇したが、ペア間のコース上の衝突の数は増加した。舞台裏では、ペアはお互いに礼儀正しく、あるいは同じ部屋にいることさえ難しいことに気づいた。

2016年スペインGPで二人は同士討ちを演じて1周目にリタイアした。それ以来、ニコ・ロズベルグは、ルイス・ハミルトンより優位に立つためにシーズンの残りの期間で「マインドゲーム」に頼った認める。

それはうまくいき、ニコ・ロズベルグは、最終戦アブダビGPでタイトルを決め、その5日後に突然F1から引退した。だが、最終的に王冠を獲得するために彼がしたことについて後悔はないとロズベルグは主張する。

「何も後悔はしていない」とニコ・ロズベルグは語った。

「センセーショナルな時間だったし、大規模な戦いだった。僕はそれをとても誇りに思っている」

その後も長い間緊張関係が続いていたものの、次第に良好な状態に戻り始めている。ニコ・ロズベルグは5月にルイス・ハミルトンがモナコの集合住宅のエレベーターで偶然遭遇したことを語った。

以前のインタビューで、ルイス・ハミルトンは、ニコ・ロズベルグの家族と10代の頃に過ごしたときの思い出が、単なるレース会場ではなく、場所として、そして、現在は家としてのモナコのイメージを形作ったのだと回顧している。

「その間に、僕たちは中立に戻った。それは大丈夫だ」とニコ・ロズベルグはルイス・ハミルトンとの関係の現状について語った。

「面白いのは、エクストリームEで再び戦っているということだ!」

「事前にお互いの計画を知らなかった。並行してレーシングチームを編成した。また、2週間以内にチームを発表しました。これは非常にクールだった」

「この決闘を復活させるのは素晴らしいことだ」

ニコ・ロズベルグは、Sky Sports F1のコメンテーター兼アナリストとして働いていたが、最近、新型コロナウイルスのワクチンの接種を拒否したため、F1のオールアクセスパドックパスを剥奪されたと伝えられている。

F1の現在のCOVIDプロトコルでは、パドックに入るすべての個人(チームメンバー、役員、またはメディアのメンバー)は完全にワクチン接種している必要があります。

ニコ・ロズベルグは、すでに新型コロナウイルスに感染しているので、自然の抗体と免疫を持っていると主張した。そして、彼の医者は彼がさらにワクチンを接種する必要とはないと彼に言ったと主張している。

今年、ニコ・ロズベルグは自宅からスカイチームと協力している。

ニコ・ロズベルグとルイス・ハミルトン / メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコ・ロズベルグ / ルイス・ハミルトン / メルセデス