ニコ・ロズベルグの2021年11月のF1情報を一覧表示します。

ニコ・ロズベルグ 「F1サヒールGPでハミルトンの代役出場を検討した」

2021年11月4日
ニコ・ロズベルグ 「F1サヒールGPでハミルトンの代役出場を検討した」
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、2020年のF1サヒールGPに先立ってルイス・ハミルトンが新型コロナウイルスの陽性反応を示した際、代役を務めうためにメルセデスに電話をすることを検討したことを明らかにした。

ルイス・ハミルトンの新型コロナウイルス感染によって、メルセデスはバーレーンでの第2レースに向けて、緊急でバルテリ・ボッタスと一緒にW11をドライブするドライバーの代役探しを強いられた。最終的にチームは、ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルを起用している。

「フェルスタッペンとハミルトンのタイトル争いはF1史上最高レベル」

2021年11月1日
「フェルスタッペンとハミルトンのタイトル争いはF1史上最高レベル」と元F1王者ニコ・ロズベルグ
ルイス・ハミルトンのタイトル連覇を阻止すべく、初のF1ワールドチャンピオンを目指すマックス・フェルスタッペンが挑んでいる2021年のF1ワールドチャンピオン争いはF1史上最高レベルの決闘をファンに提供している。そう語るのは2016年に当時メルセデスのチームメイトだったルイス・ハミルトンを倒して悲願のタイトルを獲得し、その直後にF1を引退したニコ・ロズベルグだ。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム