リオ・ハリアント
リオ・ハリアントが、F1ロシアGPへの意気込みを語った。

リオ、我々は昨シーズンにここでのあなたのレースを見ました。勝利まで後一歩でしたね!
そうだね、シーズンで4回目の勝利になるはずだった。最終ラップでリードしていたけど、セーフティカー中にオーバーテイクをしたと判断されて、最終的には2位を受け入れなければならなかった。勝っていれば、タイトル争いにも食い込めていただろう。

それでも、僕にとっては良いレースだったし、F1カーでトラックの雰囲気を掴むのを楽しみにしている。

毎レース後にインドネシアに帰っていたと聞いています。
そうだね、正直、アジアのレースはかなり楽だった。ヨーロッパに入ったら、帰りの旅を減らさなければならないね。でもシーズン前半はスポンサーやファンイベンントのスケジュールでいっぱいだったあし、それについては満足だった。長い間この瞬間を待っていたし、僕にできるせめてものことは素晴らしい母国のファンのサポートに報いることだ。トレーニングをするにも本当に良い気候なんだ。暑さと湿気は以前にも増して自分自身を限界まで追い込める。ロシアの後はスペインに拠点を築いていくよ。僕にとって第二の故郷のようなものだし、トレーナーもスペイン人なんだ。

関連:2016 F1ロシアGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: リオ・ハリアント | マノー | F1ロシアGP