リオ・ハリアント (マノー)
リオ・ハリアントが、F1バーレーンGPへの意気込みを語った。

もちろんリタイアは期待外れでしたが、全体的な経験についてかなりポジティブに感じてるようですね?
デビュー戦は素晴らしい経験だった。ずっと待ち焦がれていたことだし、リタイアにあまりくよくよしないことにした。週末から多くのポジティブなことを得られた。

個人的に自分のペースにはかなり満足できたし、レース週末にむけてテストで学んだ全てを生かすことができた。問題によって僕のレースが終わってしまったことにチームが落胆しているのはわかっているし、前を向くことが重要だと思う。多くのポテンシャルがあるからね。

インドネシアからのサポートは本当に大きかったですね。週末ずっと足取りは弾むように軽かったですよね?
多くの人々は自分を応援してくれるのは本当に凄いことだ。今、インドネシアでのF1への欲求はとても大きいし、自分が国旗を掲げていることを非常に誇らしく感じさせてくれる。

レース間の休みはどのように過ごしましたか?
インドネシアのソロに帰っていた。みんながレースについて聞きたがったし、何度もその経験を思い起こさなければならなかったよ! 地元のファンに経験を詳しく共有してサポートに応えることが僕の仕事だし、多くのメディアの仕事があった。バーレーンに備える時間はほとんどなかったよ。

今週末、最も楽しみにしていることは?
初めてのナイトレースはかなり特別だろうね! でも、通常、ここでの週末はかなりスムーズだと思うし、あらゆるエリアで頼ることができる経験がある。とりわけ、チェッカーフラッグを見るのが待ちきれないね!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: リオ・ハリアント | マノー | F1バーレーンGP