ダニエル・リカルド、F1ルーキーの角田裕毅に助言 「道を踏み外すな」
レッドブルF1育ちのダニエル・リカルドが、アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅にアドバイスを送った。

角田裕毅は、輝かしく急速なジュニアキャリアを経て、今シーズン、大きな期待を寄せられたなかでF1に到着した。しかし、21歳の角田は新しい環境に落ち着くことに時間がかかり、ポテンシャルは垣間見せるものの、それ以上にミスやインシデントが目立った。

その結果、レッドブル上層部は、角田裕毅をアルファタウリ・ホンダF1の拠点のあるイタリアに転居させた。そこで角田はチーム代表のフランツ・トストの監督の下、エンジニアのミーティングや1日2回のトレーニングなど厳格なプログラムを行っている。

自らもレッドブルのドライバープログラムを経験したダニルカル・リカルドは、後輩ドライバーである角田裕毅にアドバイスを提供した。

「目立ってしまっているのは彼の規律の部分だ。道を踏み外さないことが最も簡単なことだと思う」とダニエル・リカルドは語った。

「家を離れれば、気が散ることがあるのは確かだ。それが気晴らしなのか、誘惑なのかは分からないけど、自由がある」

「特に若い頃は、いつもあなたが夢を見るものだ『家から離れて、やりたいことができるようになりたい』というね。でも、それらは明らかに悪い気晴らしだ」

「道を踏み外さなければ、将来さらに大きな自由を楽しむことができると思う。そうすれば、報酬はそれだけ価値があるし、さらに大きくなる。それは報われるだろう」

「だから、とにかく道を踏み外さず、規律を保ち、気を散らすことを避けることだと思う」

「いつか『ヘイ、君はこのパーティーに来るべきだ』と気晴らしに誘うかもしれないけどね」とダニエル・リカルドは冗談交じりに語った。

「でも、君には十分な時間がある」

ダニエル・リカルドは、2010年のF1イギリスGPでレッドブルのドライバーとしてHRTでF1デビュー。次のシーズンにはトロロッソに移籍し、2014年にレッドブル・レーシングに昇格。これまでのF1キャリアで5チームで198レースに出場し、7勝を挙げている。

F1デビュー以来10レースを経験している角田裕毅はF1アゼルバイジャンGPで7位がベストリザルトとなっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / レッドブル / 角田裕毅