ダニエル・リカルド 「開幕前のマクラーレンF1移籍への決断は奇妙な感じ」
ダニエル・リカルドは、2020年のF1シーズンがスタートする前に2021年のマクラーレンへの移籍を早期に決断することは“奇妙”な感覚だったと認める。

2019年にルノーF1に移籍したばかりのダニエル・リカルドだが、わずか1シーズンでチームを離れ、フェラーリに移籍したカルロス・サインツの後任として2021年にマクラーレンに移籍することが決定した。

新型コロナウイルスのパンデミックによって開幕から10戦が延期・中止となっているなか、ダニエル・リカルドは2020年のルノーF1の戦闘力を確認する前に将来を決断するという奇妙な状況に直面することとなった。

ダニエル・リカルドは、F1のインスタライブで最終結果に至るまでの複雑な状況は“簡単ではなかった”と認める。

「将来のことなどを考える時間があったのは良いことだったけど、いろいろと時間を得ることができたけど、それほど行動することはできなかったので簡単ではなかった。難しかったのは確かだ」とダニエル・リカルドは語った。

「これから新型コロナウイルス以降もシーズン全体の状況はクレイジーなことになる。今年テストしかしていない状況でこのような決定を下すのは簡単ではなかった。レースをして決心することが理想だけど、このような時期に僕たちにそのような贅沢はない」

「簡単ではなかったし、一夜の決断ではなかった。この一年は奇妙だし、奇妙であり続けると思う」

大幅に遅れた2020年のF1世界選手権だが、来月7月5日にオーストリアGPで遂に開幕し、わずか10週間の間にヨーロッパで8戦という過密スケジュールがスタートする。

ダニエル・リカルドは、レースをするのが待ち切れないとし、ルノーF1での在籍期間を好調のうちに終えて、マクラーレンへと旅立つことを決意していると語る。

「彼らが公式にスタート日を発表したことは全員にとって大きな安心だった。『トンネルの終わりが見えた』ような感じだったし、僕たちは進むことができる」とダニエル・リカルドは語る。

「できる限り最善の形でルノーとのこの旅とチャプターを終えたい。まだコース内外で彼らのために多くの借りがあると感じているし、もうすぐ競争をして、自分にできることをやれることをうれしく思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / ルノー / マクラーレン