F1 ダニエル・リカルド ルノーF1
ルノーF1チームのマネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールは、ダニエル・リカルドはメッドフィールドでの戦いに適応する必要があると考えている。

ダニエル・リカルドは、ルノーで壊滅的なスタートを切った。スタート直後にフロントウイングを失ったことで事実上レースがほぼ終わってしまったリカルドは、そのインシデントが原因でリタイアを喫した。

一方、元所属チームのレッドブルはマックス・フェルスタッペンが3位表彰台を獲得する有望なシーズンのスタートを切った。

それにより、ダニエル・リカルドがレッドブルからルノーに移籍したことを疑問視する声も強まった。

「長い1週間だった」とダニエル・リカルドは Auto Week にコメント。

「休む機会があまりなかった。僕に期待してくれているみんなを喜ばせたかった。来年は違うだろう」

「本来するべき準備ができていなかったと思う。レースにまったく準備ができていないように感じいていた。他の誰かを喜ばせようとしていたからね」

シリル・アビテブールは、ルノーで成功を収めたいのであれば、ダニエル・リカルドはもっと神経が図太くならなければならないと語る。

「彼はそれを過小評価していたわけではないが、ミッドフィールドチームの我々はトップチームと同じように活動することはない」とシリル・アビテブールは Auto Hebdo にコメント。

「ダニエルはもっと神経が図太く、最初は忍耐強くならなければならない」

「だが、私はまったくパニックに陥っていない。彼は賢い男だ。バーレーンはもっと多くのスペースがある伝統的なサーキットだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ダニエル・リカルド | ルノー