F1 モナコGP
2019年のF1世界選手権 第6戦 モナコGPのフリー走行1回目が5月23日(木)にモンテカルロ市街地コースで行われ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)がトップタイムを記録した。

ホンダ勢は、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが2番手、ピエール・ガスリーが6番手。トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトが13番手、アレクサンダー・アルボンが14番手で1回目のセッションを終えた。

伝統のF1モナコGPは、他のグランプリとは異なり、通常金曜日に行われるフリー走行が木曜日に開催される。多くのF1ドライバーが居を構えるモナコ公国の全長3.34kmに及ぶ公道サーキットで行われるレースは、コース周囲に立ちはだかるウォールと非常に滑らかな路面が各チームに独特な課題を呈する。マシンの間際に迫るガードレールと、タイトなコーナーという厳しい環境で、直近7年のセーフティカー出動率は100%。一切のミスは許されない。また、カレンダー中最も低速でツィスティなサーキットで、オーバーテイク機会が非常に少ないため、予選で上位グリッドを得ることが通常よりも重要なポイントになる。同様にレース戦略が大きな影響力を持つ。

今大会ではC5タイヤが今季初登場。C3(ハード/ホワイト)、C4(ミディアム/イエロー)、C5(ソフト/レッド)という最も軟らかいレンジのコンパウンドが配分される。今年のモンテカルロ市街地コースは路面の約3分の2が再舗装されており、シケインのエスケープロードにはハイブリップの特別な路面を採用。F1スペインGP後にはインシーズンテストも行われおり、各チームがここまで苦しんできたタイヤにどのような影響が現れるかも注目のひとつとなる。

木曜日のモナコにはやや雲がかかっており、気温は18℃、路面温度24℃のドライコンディションで90分間のFP1セッションはスタート。開始早々、ハースF1チームにピットに戻ることを指示するブラッグフラッグ(黒旗)が提示される。無線とテレメトリーが故障したことによる技術的な問題が原因だった。

セッションが折り返した時点でタイムシートのトップに立ったのはメルセデスのルイス・ハミルトンの1分22秒932。2番手と3番手には0.082秒の同タイムでシャルル・ルクレールとセバスチャン・ベッテルのフェラーリ勢、4番手には少し離れて0.575秒差でレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが続いている。カルロス・サインツ(マクラーレン)のマシンはインスタレーションを終えたのみでガレージで作業が行われている。

ロバート・クビサ(ウィリアムズ)がスピンを喫してフロントウイングを軽く接触させるなどイエローフラッグが出る場面はあったが、クラッシュなどによる中断はなくセッションは進行。各チームがC5タイヤに振ったタイヤ選択をしていることもあり、FP1にしては比較的多めの走行が行われ、各マシンが徐々にウォールとの距離を縮めていく。

トップタイムを記録したのはメルセデスのルイス・ハミルトン。47周を走行して1分12秒016をマークした。

2番手はレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン。35周を走行してフェルスタッペンはハミルトンから0.059秒差の1分12秒165秒をマークした。

3番手には0.072秒差でバルテリ・ボッタス(メルセデス)。4番手には0.361秒差でシャルル・ルクレール、5番手には0.717秒差でセバスチャン・ベッテルとフェラーリ勢が続いた。

レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーはトップから1.064秒差の5番手と3強チームのなかではやや遅れをとっている。チームメイトとも1秒の差がついた。

トロロッソ・ホンダは、ダニール・クビアトが40周を走行して13番手タイムとなる1分13秒731、アレクサンダー・アルボンが45周を走行して14番手タイムとなる1分13秒827をマークした。

しばらく作業が続いていたマクラーレンのカルロス・サインツは、チェッカーフラッグ直前になんとかコースに出ていき2分00秒670とタイムを記録してセッションを終えた。

2019年 第6戦 F1モナコGP フリー走行1回目

順位NoドライバーチームベストタイムGAP周回
144ルイス・ハミルトンメルセデス1分12秒106 47
233マックス・フェルスタッペンレッドブル1分12秒1650.05935
377バルテリ・ボッタスメルセデス1分12秒1780.07243
416シャルル・ルクレールフェラーリ1分12秒4670.36125
55セバスチャン・ベッテルフェラーリ1分12秒8230.71736
610ピエール・ガスリーレッドブル1分13秒1701.06441
727ニコ・ヒュルケンベルグルノー1分13秒2271.12145
820ケビン・マグヌッセンハース1分13秒2321.12624
97キミ・ライコネンアルファロメオ1分13秒3631.25739
108ロマン・グロージャンハース1分14秒3791.27323
113ダニエル・リカルドルノー1分13秒4131.30741
1299アントニオ・ジョビナッツィアルファロメオ1分13秒4371.33139
1326ダニール・クビアトトロロッソ・ホンダ1分13秒7311.62540
1423アレクサンダー・アルボントロロッソ・ホンダ1分13秒8271.72145
154ランド・ノリスマクラーレン1分14秒2782.17239
1611セルジオ・ペレスレーシングポイント1分14秒5662.46040
1763ジョージ・ラッセルウィリアムズ1分15秒1153.00940
1888ロバート・クビサウィリアムズ1分15秒5143.40824
1918ランス・ストロールレーシングポイント1分16秒1354.02937
2055カルロス・サインツマクラーレン2分00秒67048.5644


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1レース結果 | F1モナコGP