F1 バルセロナテスト 2日目 結果
2019年のF1バルセロナテスト1回目が2月19日(火)に2日目を迎え、フェラーリのシャルル・ルクレールがトップタイムを記録。ホンダ勢はアレクサンダー・アルボン(トロロッソ)が4番手、ピエール・ガスリー(レッドブル)が7番手でセッションを終えた。

2日目になってもウィリアムズはコース上に姿を現さず、残りの9チームでテストセッションは行われた。

2日目のトップタイムを記録したのはフェラーリのシャルル・ルクレール。この日最多となる157周を走行し、前日にセバスチャン・ベッテルが記録したタイムに0.086秒に迫る1分18秒247をマークした。

2番手タイムを記録したのはマクラーレンのランド・ノリス。104周を走行し、タイヤはフェラーリよりも1段階柔らかいものの、トップから0.306秒差となる1分18秒553を記録。前日にチームメイトのカルロス・サインツが記録したタイムを0.005秒上回った。マクラーレンは連日の2番手タイムであり、2019年のF1世界選手権のダークホースにいなるかもしれない。

3番手タイムを記録したのはハースF1チームのケビン・マグヌッセン。午前中のみの走行となったマグヌッセンは59周の走行で1分19秒206をマーク。午後からは開発ドライバーを務めるピエトロ・フィッティパルディが走行を引き継ぎ、13周を走行した。

そして、4番手タイムを記録したのはトロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボン。公式テスト初走行となったアレクサンダー・アルボンは、開始早々にターン5でスピンしてグラベルでストップ。赤旗の原因となるほろ苦デビューとなったが、その後は順調に周回を重ね、ドライバーではこの日2番手に最多となる132周を走破。トップから1.054秒差となる1分19秒301をマークした。

5番手はアルファロメオ・レーシングのアントニオ・ジョビナッツィ。101周を走行してトップから1.2288秒差となる1分19秒312を記録。革新的なフロントウイングが搭載されたC38でパフォーマンスを発揮した。

6番手タイムを記録したのはメルセデスのバルテリ・ボッタス。午後からの走行となったバルテリ・ボッタスは89周を走行して1分19秒535をマーク。午前中はチームメイトのルイス・ハミルトンが走行をとうとうして74周を走行。タイムこそ、6番手と10番手となったメルセデスだが、周回数のトータルではこの日最多となる163周を走破。昨年のチャンピオンチームは、パフォーマンスよりも信頼性を重視したテストプログラムを実施しているとみられ、不気味な存在だ。

7番手タイムは、レッドブル・ホンダのピエール・ガスリー。ホンダのF1エンジンを搭載したレッドブル・レーシングの新車『RB15』での初走行となったガズリーは、残り1時間20分となったところでターン12でスピンを喫してウォールにクラッシュ。この日2度目の赤旗の原因となり、マシンはリアエンドにダメージを負ってテストを早めに切り上げることになった。92周の走行に留まったガスリーは、トップから1.567秒差の1分19秒814でセッションを終えている。

8番手はルノーのニコ・ヒュルケンベルグ。午後から走行したニコ・ヒュルケンベルグは95周を走行してトップから1.590秒差となる1分19秒837をマーク。午前中にはダニエル・リカルドがステアリングを握り、28周を走行して9番手タイムとなる1分19秒886を記録している。

フォース・インディアはランス・ストロールが走行を担当。RP19での初走行となったストロールは79周を走行して1分20秒433でセッションを終えた。

F1バルセロナテストは、明日2月20日(水)も現地時間9時(日本時間17時)から行われる。

2019年 F1 バルセロナテスト 2日目 結果
PosドライバーチームマシンタイムGAP周回
1シャルル・ルクレールフェラーリSF901分18秒247  154
2ランド・ノリスマクラーレンMCL341分18秒553 0.306104
3ケビン・マグヌッセンハースVF-191分19秒206 0.95959
4アレクサンダー・アルボントロロッソSTR141分19秒301 1.054132
5アントニオ・ジョビナッツィアルファロメオC381分19秒312 1.288101
6バルテリ・ボッタスメルセデスW101分19秒535 1.28889
7ピエール・ガスリーレッドブルRB151分19秒814 1.56792
8ニコ・ヒュルケンベルグルノーR.S.191分19秒837 1.59095
9ダニエル・リカルドルノーR.S.191分19秒886 1.63928
10ルイス・ハミルトンメルセデスW101分19秒928 1.68174
11ランス・ストロールレーシングポイントRP191分20秒433 2.18679
12ピエトロ・フィッティパルディハースVF-191分21秒849 3.60213
C1 / C2 / C3 / C4 / C5

ピレリは、2019年のF1世界選手権から新しいタイヤ命名システムを導入。ドライコンパウンドは7種類から5種類への削減され、内部的に最も硬いものをC1(コンパウンド1)、最も柔らかいものをC5(コンパウンド5)と名付け、その中から3つのコンパウンドを各レースでハード(ホワイト)、ミディアム(イエロー)、ソフト(レッド)として配分する。 公式テストではレースとは異なり、5種類すべてのコンパウンドが使用するため、F1マシンがどのタイヤを装着しているかを識別しやくすくするため、ピレリは最も硬いC1と最も柔らかいC5にサイドウォールにストライプをつけないカラーリングを採用ししている。

F1バルセロナテスト3日目 担当ドライバー
メルセデス: バルテリ・ボッタス (AM) / ルイス・ハミルトン (PM)
フェラーリ: セバスチャン・ベッテル
レッドブル: マックス・フェルスタッペン
ルノー: ニコ・ヒュルケンベルグ (AM) / ダニエル・リカルド (PM)
マクラーレン: カルロス・サインツ
トロロッソ: ダニール・クビアト
ウィリアムズ: 未定
レーシングポイント: セルジオ・ペレス
アルファロメオ: キミ・ライコネン
ハース: ロマン・グロージャン

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1レース結果