ハンガリーグランプリ ダニエル・リチャルド
2017年 F1世界選手権 第11戦 ハンガリーGPのフリー走行2回目が28日(金)にブダペストのハンガロリンクで行われ、ダニエル・リカルド(レッドブル)が午前中に続いてトップタイムを記録した。

現地時間14時から行われた90分のセッション。ドライコンディションのなか、気温は26℃、路面温度は32℃と午前中よりも上昇したなかでセッションは開始された。

ハンガロリンクは14のコーナーで構成され、600m以上のストレートは1本のみ。スロットル全開率は55%。運動エネルギー回生を行えるブレーキングポイントが少ないためERSの影響も中程度と、苦戦を強いられるホンダにとってはチャンスと言えるサーキットだ。

F1ハンガリーGPの週末は、ランキング首位のセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)に2位のルイス・ハミルトン(メルセデス)が1ポイント差という状態で迎えている。また、ハミルトンは、ミハエル・シューマッハのもつ最多ポールポジション記録にあと1に迫っている。

ピレリは、F1ハンガリーGPにミディアム、ソフト、スーパーソフトという3種類のコンパウンドを持ち込んでいるが、全ドライバーがミディアムは1セットのみ、残りも大きな違いはないセット数を選択している。

フリー走行2回目では、2度の赤旗中断があった。残り40分でパスカル・ウェーレイン(ザウバー)が11コーナーでクラッシュ。また、残り17分ではジョリオン・パーマー(ルノー)が最終コーナーでクラッシュして赤旗中断となった。

フリー走行2回目のトップタイムは、ダニエル・リカルド(レッドブル)が記録した1分18秒455。0.183秒差で2番手にはセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、3番手にはバルテリ・ボッタス(メルセデス)が続いた。

以降、4番手にキミ・ライコネン(フェラーリ)、5番手にルイス・ハミルトン(メルセデス)、6番手にマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が続き、メルセデスとフェラーリの戦いにレッドブルが絡むかたちでトップ6を0.5秒以内でトップ3チームが占めた。

マクラーレン・ホンダは、フェルナンド・アロンソが8番手、ストフェル・バンドーンが10番手と好調なスタートを切っている。

ハースは、午前中のアントニオ・ジョビナッツィのクラッシュによるマシンの修復に時間がかかり、ケビン・マグヌッセンが11周の走行にとどまった。

F1ハンガリーGP フリー走行3回目は、明日29日(日)の18時(現地時間11時)から行われる。

2017 第11戦 F1ハンガリーGP フリー走行2回目

順位Noドライバーチームベストタイム周回
13ダニエル・リカルドレッドブル1分18秒45532
25セバスチャン・ベッテルフェラーリ1分18秒63828
377バルテリ・ボッタスメルセデス1分18秒65633
47キミ・ライコネンフェラーリ1分18秒75528
533マックス・フェルスタッペンレッドブル1分18秒77931
644ルイス・ハミルトンメルセデス1分18秒95125
727ニコ・ヒュルケンベルグルノー1分19秒71433
814フェルナンド・アロンソマクラーレン・ホンダ1分19秒81531
955カルロス・サインツトロ・ロッソ1分19秒83435
102ストフェル・バンドーンマクラーレン・ホンダ1分19秒90918
1131エステバン・オコンフォース・インディア1分20秒12634
1211セルジオ・ペレスフォース・インディア1分20秒26633
1326ダニール・クビアトトロ・ロッソ1分20秒57737
1418ランス・ストロールウィリアムズ1分20秒79131
1519フェリペ・マッサウィリアムズ1分20秒89622
1646ジョリオン・パーマールノー1分21秒17512
1720ケビン・マグヌッセンハース1分21秒34511
188ロマン・グロージャンハース1分21秒50425
199マーカス・エリクソンザウバー1分21秒55931
2094パスカル・ウェーレインザウバー1分21秒72216


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1レース結果 | F1ハンガリーGP