F1レース結果の2013年04月のF1情報を一覧表示します。

F1 バーレーンGP 決勝:ドライバーコメント

2013年4月22日
F1 バーレーンGP 決勝
2013 FORMULA 1 GULF AIR BAHRAIN GRAND PRIX

F1バーレーンGP 結果:セバスチャン・ベッテルが今季2勝目

2013年4月21日
F1バーレーンGP 結果
F1バーレーンGPの決勝レースが21日(日)、バーレーン・インターナショナル サーキットで行われた。

優勝はレッドブルのセバスチャン・ベッテル。2番グリッドからスタートしたベッテルは、トップに立つと圧倒的なペースをみせてレースを支配。今季2勝目を達成した。

2番手にはキミ・ライコネン、3番手にはロマン・グロージャンとロータス勢がダブル表彰台を達成した。

F1 バーレーンGP 予選:ドライバーコメント

2013年4月21日
F1 バーレーンGP 予選
2013 FORMULA 1 GULF AIR BAHRAIN GRAND PRIX

F1バーレーンGP 予選:ニコ・ロズベルグがポールポジション

2013年4月20日
F1バーレーンGP 予選
2013年 F1 第4戦 バーレーンGPの予選が20日(土)、バーレーン・インターナショナル・サーキットで行われた。

ポールポジションを獲得したのは、メルセデスAMGのニコ・ロゾベルグ。ロズベルグにとっては2度目、メルセデスとしては2戦連続のポールポジション。

2番手にはセバスチャン・ベッテル(レッドブル)、3番手にはフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)が続いた。

F1バーレーンGP フリー走行3:フェルナンド・アロンソがトップタイム

2013年4月20日
F1バーレーンGP フリー走行3回目
F1バーレーンGPのフリー走行3回目が20日(土)、バーレーン・インターナショナル・サーキットで行われた。

フリー走行3日目のトップタイムを記録したのはフェラーリのフェルナンド・アロンソ。2番手にはセバスチャン・ベッテル(レッドブル)、3番手にはマーク・ウェバー(ロータス)、4番手にはキミ・ライコネン(ロータス)が続いた。

F1バーレーンGP フリー走行2:キミ・ライコネンがトップタイム

2013年4月19日
F1バーレーンGP フリー走行2回目
F1バーレーンGPのフリー走行2回目が19日(金)、バーレーン・インターナショナル・サーキットで行われた。

フリー走行2回目は、多くのチームがロングランを実施。リアタイヤのタレを訴えるドライバーが多くみられた。

トップタイムを記録したのは、ロータスのキミ・ライコネン。2番手には、マーク・ウェバー、3番手にはセバスチャン・ベッテルとレッドブル勢が続いた。

F1バーレーンGP フリー走行1:フェリペ・マッサがトップタイム

2013年4月19日
F1バーレーンGP フリー走行1回目
F1バーレーンGPのフリー走行1回目が19日(金)、バーレーン・インターナショナル・サーキットで行われた。

バーレーン・インターナショナル・サーキットでは、高い気温と路面温度が予想され、周辺の砂漠からの砂により路面はしばしばダーティとなる。

フリー走行1回目のトップタイムを記録したのはフェラーリのフェリペ・マッサ。2番手タイムもフェルナンド・アロンソが記録し、フェラーリが1-2で週末をスタートした。

F1 中国GP 決勝:ドライバーコメント

2013年4月15日
F1 中国GP 決勝
2013 FORMULA 1 UBS CHINESE GRAND PRIX

F1中国GP 結果:フェルナンド・アロンソが今季初優勝

2013年4月14日
F1中国GP 結果
F1中国GPの決勝レースが14日(日)、上海インターナショナル サーキットで行われた。

性能差が大きい2種類のピレリタイヤの使い方が注目されたF1中国GP。優勝は3番グリッドからスタートしたフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)。ソフトタイヤでスタートしたアロンソは、スタートで2番手にポジションアップ。その後トップに立ったあとは、3ストップ戦略で優れたロングランペースをみせ、今季初優勝を成し遂げた。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム