F1 ルノーF1 2018年のF1世界選手権
ルノーF1の2018年F1マシン『R.S.18』と2018年型F1パワーユニット『R.E.18』の主要諸元およびスペックが発表された。

ルノーF1は20日(火)に新車『R.S.18』をオンラインで公開。2016年にワークスチームとしてF1に復帰したルノーは、3カ年計画でワールドチャンピオンを狙えるチームを構築していくことを掲げており、今年はその最終年となる。

2018年のF1レギュレーションは昨年から大幅な変更はないが、コックピットッ保護デバイス『Halo』、そして、シャークフィン、モンキーシート、Tウイングの廃止により、ルックス的には昨年から大きく変わることになる。Haloの追加により、マシンの最低重量は733kgにアップしている。

また、2018年のF1世界選手権からルノーはワークスチームとレッドブルに加え、新たにマクラーレンにパワーユニット『R.E.18』を供給。スペックでは馬力が昨年モデルよりも50馬力アップされている。

ルノー R.S.18 主要諸元

名称RENAULT R.S.18
シャシー最低重量および最大耐力で設計されたルノー・スポールF1・チーム製カーボンファイバー&アルミニウム・ハニカム・コンポジト・モノコック。ルノー・スポール性パワーユニット搭載(ストレスメンバー)
フロントサスペンションカーボンファイバー製プッシュロッド式トーションバー(トップ&ボトム・ウィッシュボーン)
リアサスペンションカーボンファイバー製プルロッド式トーションバー(トップ&ボトム・ウィッシュボーン)
トランスミッションセミオートマチック・シーケンシャル電子制御(クイックシフト) 8速+リバース1速 チタニウム製ギアボックス
ホイールOZ製 マグネシウムホイール
燃料システムケブラー強化ラバー燃料タンク ATL製
エレクトロニクスMES-マイクロソフト製スタンダードECU
ブレーキシステムブレンボ製 カーボンディスク、パッド、キャリパー
APレーシング製マスターシリンダー
コックピット取り外し可能なカーボンコンポジット製シート、6点式ハーネス・シートベルト、ステアリングホイールには、ギアチェンジパドル、クラッチパドル、リアウィングアジャスターが組み込まれている。
フロントトラック1600mm
リアトラック1550mm
全長5480mm
全高950mm
全幅2000mm
重量733 kg(ドライバー、車載カメラ、バラストを含む)パワーユニット

ルノー R.E.18 スペック

型式R.E.18
排気量1.6L V6
気筒数6
最大回転数15,000
プレッシャーチャージングシングル・ターボチャージャー、ブースト圧無制限(5bar abs)
最大燃料流量100kg/h
レース毎の許容燃料量105kg
バンク角90°
ボア80mm
ストローク53mm
クランク高90mm
バルブ数24
燃料直接燃料噴射
MGU-K(回転数)最大50,000rpm
MGU-K(パワー)最大120kW
MGU-K(エネルギー回生量)最大2MJ/周
MGU-K(エネルギー放出量)最大4MJ/周
MGU-H(回転数)100,000rpm
MGU-H(エネルギー回生量)無制限
馬力950馬力以上
重量145 kg(FIA既定の最低重量)

ルノー R.S.18 画像ギャラリー

ルノー R.S.18 (ドライバー)
ルノー R.S.18 (トップ)
ルノー R.S.18 (フロント)
ルノー R.S.18 (サイド)
ルノー R.S.18 (リアビュー)
ルノー R.S.18
関連:ルノーF1、2018年F1マシン『R.S.18』を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー