ルノー KERS
ルノーは、今週末のF1イタリアGPでKERSを復活させることに決めた。

ルノーは5月のスペインGP以来KERSを搭載しておらず、KERSの使用を正当化するのに十分なアドバンテージが得られないしていた。

しかし、最近のレースではKERSを搭載したクルマがシステムの利点を証明しており、ルノーはモンツァでKERSを再導入することに決定した。

ルノーのエンジニアリングディレクターであるパット・シモンズは、KERSが高速のモンツァのトラックで少なくともコンマ4秒の価値があると考えている。

「第一にモンツァでは、KERSでのラップタイムのゲインがコンマ4秒くらいありそうだし、予選では計測ラップをスタートする前に一度リリースして、さらにラップ中にもリリースできるのでさらに価値がある」

「スタートでのアドバンテージに関しては、モンツァではグリッドから1コーナーまで距離があるし、KERSはKERS非搭載のクルマと比較して15メートル以上のアドバンテージを与えてくれるだろう」

「オーバーテイクをアシストするということについては、モンツァが非常にオーバーテイクが難しいサーキットだということを思い出さなければならない。しかし、その点においてKERSを走らせることは不利にはならない。これら全ての要因の組み合わせによって、モンツァはKERSに非常に有利なサーキットということになる」

関連:KERS

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー