F1 ルノーF1 マクラーレン レッドブル・レーシング
ルノーF1のスペシャルアドバイザーを務めるアラン・プロストは、ワークスルノーは2018年にカスタマーチームのレッドブル、そして、マクラーレンを倒すことに苦労することになるだろうと認める。

ルノーは2018年、レッドブルだけでなく、名門マクラーレンに同じF1パワーユニットを供給しながら、独自のワークスチームも運営し続ける。

4度のF1ワールドチャンピオンであるアラン・プロストは、ルノーが彼らを倒すことは簡単ではないと認める。

それでも、アラン・プロストは「たとえそれが困難なことであっても、私にとってはポジティブなプレッシャーだ」と Auto Motor und Sport にコメント。

「ファクトリーチームは、2つの組織全体がすでに確立されたチームを相手にレースをする。ルノーはまだセットアップの最中だ」

「それに両チームにはトップドリアバーもいる。ベストと言ってもいいかもしれない。理論的に我々はレッドブルとマクラーレンに勝つことはできないだろう」

アラン・プロストは、ルノーが2017年にコンストラクターズ選手権で5位になれなかったことに失望していると認める。

「我々は現実的でなければならないし、目標設定には慎重にならなければならない」とアラン・プロストは Auto Hebdo にコメント。

「なぜか? 我々の前にいるチームは何年も前からビルドアップされてきた。我々は段階的に進歩しなけければならないが、進歩していることを示し続けなければならない」

「それはメルセデス、フェラーリ、レッドブルとのギャップを縮めるた目に何をする必要があるかを認識するということだ。来年は1周あたり1.5秒の差を0.8秒にしなければならない」

「それが我々がやっていくことだ。我々はクルマだけでなく、チームスピリットや細部への配慮を築いていく必要がある」

「だが、来年はもっと良くなるだろう。カスタマーチームとの比較はトップチームに近づくための経験を積むために役立つ」

「我々は長年ここにいることになるし、毎年進歩していくことが重要だ。我々は勝ちたいわけだし、最終的には全員を倒さなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー